So-net無料ブログ作成
行ったところ ブログトップ
前の10件 | -

エレキコミック 第21回発表会 『有様』 [行ったところ]

バカなコントばかりしているエレキコミックは
おそらく今年もキングオブコントに出るんだと思いますが
多分やっぱりダメなんじゃないかと

今回も一本目からバカな展開ばかりです

とにかく発想がバカ
誰でも思いつく・・・小学生ならば
みたいな事をやってしまうという行動力がバカ

清々しいまでにくだらなくて下品なネタを
なにやら必死の形相でやっている様が死ぬほどおかしい
というわけで

それはモニタ越しではなかなか伝わりにくいかと

いや
最初にファンになったのはテレビに出たエレキのコントなので
テレビがダメってんじゃないと思うのです


その時に見て爆笑した同じネタを
別の番組で見るとそうでもなくて
一度見たからかな?と思って最初に見て面白かった回を
ビデオでみたらやっぱり笑っちゃう
とか
そういうタイプのコントの人たちなので
やっぱ賞レースで安定してもっていけるかどうか
というとなんかね

リアルタイムで感想が言える時代だと
こういう小学生みたいなネタはたやすくバカにされてしまうし
そうした言葉でもう面白くないもの
と把握してしまう人もいるしで

え?
テレビでちゃだめなの?

とりあえず来年も楽しみにしようと思います

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

Perfume 3rd Tour 「JPN」@日本武道館 [行ったところ]

曲とか踊り以外の感想です

入場してまず驚いたのが「狭い」

ここ最近アリーナクラスか
大きさが実感できないフェスの前方ばかりだったので
座席のあるライブで武道館が小さく見えるとか
軽く衝撃でした

前の武道館が2008年11月?
時が経つのが早いのはおっさんだから

あの時はホールで見る事に対する不安でいっぱいで
座席じゃ踊れないし盛り上がれないよ
とか思っていたものです

振り返りかっこ悪い

水無しで乗り切れちゃうので燃焼感は薄れるものの
隣とぶつかっちゃった時にお互い様感がないので
あまり思うように動けないものの
それでも楽しさに変わりがないのは演者の力

いまだに参戦すると驚きがあるのが驚き

今回は
インディーズ時代から応援しているファンを
「名指し」で「顔出し」でいじる
いじりたおす
失礼な事だって言う


それを笑顔で受け止める本人
笑って拍手する他の観客
という
アイドルじゃなきゃできなさそうで
他のアイドルがやると別の問題が出そうな行動
ってのをやってのけるわけです

カッコいい

さらに
4Days全て参戦しているという客に
外でチケットを譲って欲しがっている人の存在を伝える
というかもう説諭

あと
単に目立ちたがりでやるコスプレに対するダメだし

など
最初のMCで飛ばしまくりです

誰がどういう扱いをしようが
やってることを変えない姿勢がもはやベテランロッカーの佇まい

相変わらずのフリ教室の実行率の高さ
客層はかなりファンクラブTが目立っていたものの
普通のアイドルライブよりは遥かに一般人が多い
というか女子供がなにしろ多い


フリとかコールとかがガンガン出ると

あと
躍らせようとする仕組みの見事さも見事
さんざん声を出させて体を動かして
急にあがるイントロぶち込んで踊れ!と叫ぶ
みたいな構成が見るたびにうまくなってる気がします

ホールだと踊れないという声に対し
まだ諦めずに躍らせようとする試み

ライブハウス時代は楽しみ方は人それぞれで
それは自然と立ち位置で別れたからいいけども
座席が決められているホールで
人それぞれとか言っちゃうと
規模が大きくなる分初めてのお客さんが増えて
初めてだからどうしていいかわからないから踊れなくて
踊らない人に気を使って踊りたいけど踊らない人が増えて
最終的にバリバリのダンスミュージックを流して
みんなで手拍子してる
という妙な空間になってしまうことを
全力で阻止しようとしている様が頼もしいです

ここまでやっても踊りたくない人はそれでいいけれど
踊っている人は間違ってないんだ
と発信し続けているわけです

多数派が正しいとなりがちな世の中の流れを知っているからこそ
ちゃんと自分達の音楽の基本的な楽しみ方を伝えてくれています

素晴らしい


アンコールでの「外の客」への呼びかけ

チケット買えなかった人が譲ってもらおうとしてやってきて
譲ってもらえなくて外で音漏れ待機
って
見方によっては「客じゃ無い」わけです
金を払えなかった人たちですから


見たいと思ってくれている人はみんな客
という認識

見たいと思ってくれることそれ自体の価値をよく知ってるし
決して忘れてない事をうかがわせる行動です

いいかっこしてるだけに見える?

ファンがずっとファンのままでいてくれるわけではない事も
繰り返し知らされている人が
今この時にファンでいてくれる人全てにいいかっこしたいと思うことは
なかなかできることじゃないし
それをまっすぐやるってだけで
やっぱりたいしたもんだと思うわけです

何度も何度も何度もライブに行ってるのに
今なお新しい驚きを与えてくれてるとか
この人たちは変わらず凄かった

氷結コラボカップがどこで手に入れられるかわからなくて
手に入らなかったのが心残り
だけど酒飲まないからまぁいいや

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TOKYO IDOL FESTIVAL 2011 [行ったところ]

夜にWIRE11もあったのですが
今年はとにかくいろんな予定が見えなかったため
チケットを購入しておらず
もういろいろ諦めていたのですが
なんだかんだでちょっと色々ありまして
一度は知らないアイドルが一堂に会する場所を観に行ってみようと
一日5000円ってサマソニとかWIREよりずっと安いし!
とか思って行ったわけですが

なるほど
安いわけです

ほとんどアイドル見えないですよ

フジテレビのスタジオと
その周辺の野外がステージになっているんですが
最寄の駅の正面にある劇場は
すり鉢型になっているため観やすいものの
基本はUSTで中継してトークする場所になっていまして

他のステージがもうなんか全体的に
低い

ってそりゃそうです
テレビ撮影用のスタジオだったり
そもそもスタジオでもない所に無理矢理ステージを作ったりで
とにかく大量の人にステージを見せるつもりが一切感じられません

オールスタンディングで
ステージの高さがcm単位だったりしたら
そんなもんチビは見るなって事ですよ
そりゃトークライブならラジオだと思えば見えなくてもいいですけど
そういえばアイドルなのでビジュアル的なフリとかもするわけです
それが見えねぇという地獄


また
何をどう考えてそうなったのか
メインステージなんか2人が同時に出入りできるかどうか
という
普通の扉程度のスペースで人の出入りをさせています

メインですよ?
各アイドルが一番がっつりライブするステージですよ?
なんでそんな学校の体育館にも劣る出入り口なんだ
っていう

無茶苦茶だ

しかもメインのそのステージで入場規制がかかってしまうとか
なにそれ?

そもそもテレビ局の収録スタジオだから
そりゃ客を沢山いれるような場所じゃないでしょうけども
いくらなんでもこれはないかと

メイン会場内部でも
ゆるゆるの柵を作っておいて
客に前に出すぎるとカメラのレールに達しちゃって動けなくなって
公演中止になるから下がれ
みたいな説明をしたりして
なんだかな?

ステージがもう少し高ければ後ろの方に行けば見えるんだろうけど
基本的には最前にでかい人が立つと
もう見えない勢いです
まあ
見に来た客のためのステージじゃないからね
ってのはわかりますけども

なんかテレビ局主導のライブは毎回こういう
撮影が第一でお前らは金を払って見学に来てる客なんだから
仕事の邪魔はしないでくれよ
的なオーラを感じてどんよりします

出演者はひたすら懸命にやってるだけで
それは本当にいいと思うのだけど
ファンが会場に入ることすら出来ないフェスとか
ちょっとさすがにどうかと思いました

そもそもオタ客の荷物がでかい事もわかってそうなのに
クロークの案内すらないとかな
というかクロークがあるのかどうかも不明
というかないのか

おかげでリュックをしょってる人とか
前に装備している人とかがガツガツぶつかってきて
痛いし

なんかみんなスタンディングのライブで足元に荷物置くんだなあ

結果
フリーエリアの二つのステージの方が広々としてるし生バンドだったりするしで
気持ちよく見られます
というか
アイドルの顔は確実に外の方が見やすいです

金払って中に入るのは握手をする人だけでいいです
というか
メインステージに居座ってないと入場規制で入れてくれなかったりするから
前の興味ないアイドルがすいてたらその隙に入る
くらいのことはしないといけません

まだ歴史の浅いイベントだから仕方がないのだろうとは思いますが
なにしろテレビ局の理屈のままでやってるというか
いろんなフェスのノウハウとかを気にしないでやってる印象を
ものすごく感じました

まずは
ちゃんとしたステージを作るところから是非

暴れたい客は前
見たい客は後ろ
みたいな感じでわけられればいいんですけども

なんかいろいろ勉強になって面白かったです

LIVE POTSUNEN 2011『THE SPOT』@天王洲 銀河劇場 [行ったところ]

天王洲ってモノレールとりんかい線とか
割高路線でしかいけないんだな
グローブ座より敷居が高い

このモノレール初めて乗ったよ

浜松町から一駅なのだけど
間違えてゆりかもめと同一視してたため
途中に竹橋とかあるかと思って
そこから乗ろうかとちょっと歩いてしまって
危なく遅刻しそうでした

さて
開始してみた所
強烈な既視感
デジャブなんてもんじゃねーぞ

ってそりゃそうだ

去年の3月に『SPOT』見てました

そうかー知らなかった
公演最後での説明で初めてこれが
SPOTのブラッシュアップ版だと知りました
それで最初チケット取ってなかったんだっけ?

2回の延期によって思わずチケット買ってしまったわけですが
一度見てたとはねー

とはいえ
オープニングコントのオチすら覚えてない
かわいそうな脳なので
そりゃもう新鮮に楽しめましたよ

オチを見て
そういえばそうだった!
ってはじめて見たのと変わらないなこれなら

大オチはさすがに覚えていたので
あの感動はなかったけれど
最後の挨拶でまた別の驚きというか面白があったので
やっぱり大満足でした

わかってても面白いってのは
よく練り上げられている感じだからかと

さらにDVDまで購入してしまうかも

その前に小林賢太郎テレビのDVDを見ないとな

タマフル×申し訳・サマーフェス2011@代官山UNIT [行ったところ]

今までのタマフルイベント中最大クラスのカオス空間が展開されました
決して短くない時間の半分くらいを困惑して過ごすという
まさに
オンリーワンなイベントでした
そりゃもう楽しかったけど疲れた
本当に疲れた
死ぬほど疲れた

とにかく最初からずっと
なんか面倒
って感じの人が次々とステージ上に現れては
不穏な空気やら不思議な時間やらを提供して去っていく
という化け物小屋感覚のイベントです

毎年キラキラした感じのアイドルライブ枠に登場する
爆乳ヤンキーのやけとしか言いようのないステージングとか
もうなんだかどうしたもんか

客を恫喝しすぎ!
ヤンキーだから仕方ないのか!

なにしろタマフルパートと位置づけられた前半の狂い方は
フェスとかいうどことなくハッピーなフレーズを完全に裏切り
なんというかこう
もっともやもやしたエネルギー塊をちぎって投げつけられたような感覚?
受け止めるのに必死です

というわけで申し訳パートの第二部に出てきたバニラビーンズが
前観た時よりも数倍もキラキラに見えたのは
活動が充実しているから以上に
ちゃんとしている人たちにほっとしたからかもしれません

そういえばRomancrewもいままで観たどのときよりも頼もしく見えてた!

ゲストを輝かせるために素人まで動員して暗黒を見せ付ける
すさまじいイベントだった
ということでしょうか

多分間違ってると思います

早朝アイドルライブもありました

彼女ははやくオリジナル曲を作ってもらうべきだな
作ってもらって逃げ道を封じるべきだな

エレキコミック 第20回発表会「NaNoNi」@俳優座劇場 [行ったところ]

ラジオでの執拗な鑑賞要請圧力に屈服し
あと
豪華なパンフレットが欲しくなったので
結構ギリギリに木曜日のチケットを確保

雨という事もあって
どうやら空席もあったようですが
自分の席からは良くわかりませんんでした

まだこれから先もあるし
DVDも出るのでネタバレはしません

それにしても行く度に
回数を重ねるたびに客に対する注文が増えていく気がします
全力で甘えてくるエレキコミック
客がそれに応えたり応えなかったりするのもまた一興

バカ満載でお送りするコントはいつも通りハラハラしながら
笑ったりキョトンとしたりしてたのですが
映像については今回も涙が出ました
笑いすぎで

個人的にはあの今立さんは鉄板のオモシロさ
あれを中心にコントつくって欲しい
というか
昔なんかのコントの流れで見て以来もうちょっと
ダメだ
笑っちゃう
的確なツッコミと同時にアレをどんどん出していっていただきたい

ところで
2500円のパンフレットですが
読んでたらこんな時間になるくらいのボリュームです
バカリズムとの対談も
キンコメとの対談も
出ている人たち全員のタチの悪さが全開で最高です

性格が悪い人たちがそれを隠そうともしないで笑ってるって
いい世界だな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

アイドリング!!! 東日本震災チャリティートークショー Do one action everyday [行ったところ]

昨晩に引き続いて行って参りました

当初の予定だった8:30開場が30分遅れて9:00開場
って仕事開始時間かよ

演者はもっと早くから準備してんだろうな

早起きして朝イベントこなした上に
今日も20時まで握手し続けるってよ?
中学生とかいるのになんてことさせてんだ
ちょっとどうかしてると思います

アイドルってハードワーカー

写真は終演後
イベント終了後25分で次のライブイベント開始したってよ?
よく訓練されたファンの統率

大人が多いんです
今日のイベントでがっつり判明

20110410105722.jpg


朝早くともちゃんと時間通りにスタート
そうか
後の予定が詰まってるからな

昨日と同じ曲から違う曲へつないでいくスムーズな進行
早めにトークコーナーに行ったのはもっと早く終わらせるため?

ところが一人メンバーが来ていなくて
理由がトイレとかぶっちゃけるのは!!!らしいとはいえ
そこからまさかのアイドルのトイレ事情フリートークになるのは
リーダーがくだらない下ネタが大好きなせい

昨日と同じくファンからの質問に答えるコーナーですが
推し変は犯罪とか氷室憑依とか自由な発言が飛び交う高速はしゃぎが
昨晩よりずっといい感じに回っています
今日は喋らないメンバーがいないようにいい具合に振り合っています
昨晩の反省が活かされているのか天然でやっているのか
どっちにしろグループ芸としてはかなりのレベルです

意外とあっさり終わったなと思ったら
今日もまた奥村さん登場で歌コーナー再開
まさかのゲストが見せ場で歌うことを忘れるというハプニングが
生歌の事故感までプレゼント
いいイベントだなー


1時間も超えたし終わりかな?と思っていたら
新コーナー
ファンと一緒になんかやるって話で
まさかの壇上にファンを引き上げてさらすという暴挙に

メンバーが出されたお題に当てはまる客を連れてくる
というコーナーです

覚悟しろよ

という宣言通りにおおはしゃぎのメンバーと
緊張に固くなるファンと期待して手を振りまくるファン
もうなんかこれなに?

特に喋り担当部隊の大人しそうなファンに対する攻撃力がはんぱねぇ
なんだよ
顔を見ればだいたい大きそうな人わかるでしょ?
って
最終的に関係ないコメントだったし

最初の御題は30歳の人
つれてこられた人たちが軒並み30オーバーで
気まずい感じのファンとますますヒートアップするメンバー
とか
C.C.Lemonホールでこの地下アイドルイベントみたいな空気ありなのか?
えーと
テレビ局主導アイドルの方達ですよね?

客席の近くにアイドルが次々と寄ってくるのに怖くて見れないとか
恐ろしいイベントです
いやー楽しいなぁ

三番勝負が結果的に二番で終了してしまったのは
明らかにはしゃぎすぎてちっとも連れてくファンを選ばなかったから

トーク主体のイベントやってくれないかな
もっとがっつり座って喋る感じのヤツ
歌はナンバリングライブとか品はちとかいろいろあるじゃないですか

いや
アコースティックライブとトークの組み合わせだったら全然いいな
って会場選びが難しいのか
ってか品はちでやればいいのか
って生バンドはコストかかるから小さいと厳しいのか
いや客入りがこのままだと厳しいのか
後楽園ホールで笑点っぽくやってくれればいいのに
ってあれ日テレか
とかどうでもいいのか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

都知事選の期日前投票 [行ったところ]

今日は朝から出かけなくちゃいけない!
ということで昨日期日前投票にでかけたわけです

どうやら投票所入場券の裏を埋めなきゃいけないっぽいので
家で書いて最寄の事務所まで

20時まで受付という事なので18時過ぎに行ったら
割と人がいてびっくり


そこで裏面記入するスペースがあってびっくり
というか
そりゃそうか

すでに書いてあったのでさくっと中に入って
その投票所入場券をそれっぽい人に渡すと
椅子に座って待ってろ
とのことで
名前が呼ばれるまで待機

そこそこ人がいる
とはいえ
椅子に座っている人は1名くらいだったので
ちょっとしたらすぐに呼ばれて投票用紙受け取り

そのまま投票して終了

早い

場所も若干近いし
時間も融通が利く

これ投票する人が決まってるなら期日前投票した方が
気が楽だな

まあ直前で誰かが何か言ったりして
投票したい人が変わる可能性もあるから
一概にはいえないけども

アイドリング!!! 東日本チャリティートークショー Do one action everyday [行ったところ]

カウントダウンライブは寸劇部分やらグダグダな進行なんかは
とても楽しかったのだけど
ライブ自体は無理に行かなくてもいいかな
という感じだったので
今回も別に無理しなくとも
とか思っていたのだけど

ファンの人のツイートやらなにやらで
どうやらチケットが売れていないという話が伝わってきて
トーク中心のライブというのならむしろ観に行くべきなんじゃないか?
とセルフ説得が開始され
時間的にも仕事に影響が出ない事が判明し
木曜日に前売りを買って乗り込みました


聞いた通り
1階席の後方がスカスカ!
えええええええ
なんだよ
アイドリンガーってのはこんなもんかよ
終わっちゃうの?
アイドリング!!!終わっちゃうの?

終わらせるのは勿体無いコンテンツです

今晩はAKBメンバーがめちゃイケ出てるし
明日はももクロのメンバー卒業ライブとかあるから
アイドルオタが忙しいのはわかるけども

だからってアイドリング!!!なくしちゃだめだよ
誰が相撲を守っていくんだよ

それはアイドルの仕事じゃない


座って観るアコースティックライブは
決してプロのド迫力とか
アイドル戦国時代でグイグイきているももクロさんとかの持つ
そういった方向では全くなくて
なんかもう姪の発表会を観に来てるくらいのテンションの
猛烈な微笑ましさで素晴らしいですよ

何年も続けてやっていて
なんかまだ練習途中みたいなパフォーマンスは
時代と逆行していて逆にロックやんレベルの快挙です

生演奏でずっとやってきている信頼できる演奏陣と
「緊張した」ばかりのMCを経て歌われる頼りない歌声の披露とか
少なくともアイドリング!!!のこれは十分な武器です

今日は奥華子さんとか奥村愛子さんとか作曲陣の参加もあって
盛大な発表会になりました
年末のライブではハラハラが楽しかったアコースティックの「目には青葉~」とか
作曲者本人が歌っちゃってるのもあわせてまた楽しかったけれど
改めて
組み合わせによって歌声が変わるのが生歌の多人数グループの醍醐味です
ちゃんと音楽的な面白さの要素はあります

申し訳の時以来の「勇者の憂鬱」とかどうやら貴重らしい曲多数で
なんだか得した気分も味わえました

トークショーと銘打っていながら結局歌ってる時間と同じくらいしかなかったトークコーナーは
結局もらった質問に横一列に並んだメンバーが回答する
という簡単なコーナーでした
座ることすらしないとか長時間やる気ないのがアリアリ
21時過ぎてたから中学生組もこっそりいなくなっていました
明らかな爆発力不足

とはいえ場数が違うのであの手この手で笑わせにかかるベテラン勢
というか質問するファンがすでにボケ混じりというか狙ってくるから
ハードルが変な形しているわけで
それに答えたり答えなかったりする
もはやグループ話芸としてはよくわからない進化を遂げています
MCの横暴具合とか端っこで勝手なテンションでぼけたり顔芸かましたりと
どこを見てもちゃんと楽しめます
これだけ1時間なら大納得なんだけどな

とかなんとか言いながら
全部がチャリティーだというのなら
そりゃ大満足です

そして明日は朝9時開場で似たようなイベントやります
もちろん行きます

朝のヒーロータイム見てる時間もないくらいとか
仕事より早く出るってことか

とか言うけれど
この人たちは土曜日に
朝から8時間かけてミニライブと握手会した後にこのイベントやって
日曜日に朝からこんなイベントした後に8時間かけてまたミニライブと握手会やるってよ
学生だと月曜日から学校なのにな

こんなに働く人を悪く言う人の気がしれない
もうなんか
全てのアイドルに祝福を
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初詣 [行ったところ]

中野からだと結構早く帰れたので
近所の稲荷神社に到着した時は
まだ行列ができていました

いつも早朝の
人がいない状態でこっそり初詣
というパターンだったので
なかなか新鮮

後ろの家族連れがグイグイと体当たりをかましてきて
新年早々不愉快な気分になりつつも
譲る事で心の平安を獲得

その不愉快家族のおじいさんが
やたらと質問する孫娘?に
稲荷神社ってのは漁業の神様だよ
とか
初耳情報を教えてくれたのだけど
そうでしたっけ?

無事に初詣を完了したので今年も楽勝です
やったー
前の10件 | - 行ったところ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。