So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 凶悪 [映画]

どうやらピエール瀧さんが
割と重要な役をやっているということで
ついにここまできたか!
というのを確認するという悪趣味な動機で
鑑賞決定

死刑囚が上告の途中で
余罪を告白するのは何故か?
というサスペンス

凶悪

昨日から公開ということもあってか
割と客入りがよくてびっくり
半分以上埋まってたんじゃないでしょうか

みんな瀧さん大好きなんだな!(多分違う)

あまちゃんでは人のいい寿司屋の大将として
愉快な好人物!って感じで出演している瀧さんですが
こちらでは
しょっぱなから全開で人間のクズとして
暴虐の限りを尽くしてさっそく逮捕されています

あまちゃんファンの子供には見せないで!

雑誌記者である山田孝之さんが
告白を受けて調査を進めるという展開ですが
告白の理由と併せて
この記者が調査に没頭する理由というのも
大事なポイントかと

予告編やらなにやらで
黒幕がリリー・フランキーさんであることは
明白なのですが
映画ではなかなか出てきません

そして出てきてからはその存在感に
圧倒されます

確信的に悪を為すその姿は
通常ならば嫌悪感を持つのが当然と思うのですが
ここはリリーさんの人なつっこさが
悪魔的に魅力ある人にも見えまして

事態は特に大きなどんでん返しもなく
思いの外淡々と進行しますが
それがかえって世の中のままならなさを見せていて

いやな気分になること請け合いです


山田君の奥さん役が池脇千鶴さんで
相変わらずいい!

でも
なんか最近映画で見るといつもなんか
泣き顔だったり恨みがましい顔だったり
弱々しく笑う顔だったりと
薄幸成分過剰な気がします

どっかにガハハと笑う池脇作品はないものか!

そもそもそういうキャラじゃない?

いやいや何でもできるでしょあの人

とか
話がそれまくりですが
鑑賞後にがっつりと頭が痛く重くなる良作でした!

いろいろ揺さぶられて気分悪いよ!

うん
気分悪くなる作品が好きな人にお勧め!

ネタバレ含む詳細感想は以下

DSC_0044.jpg

実際悪い人たちはずっと爆笑しているこの映画ですが
記者は死刑囚が話す
間違った告白でしか笑っていません

奥さんに至ってはもうほぼ全く笑顔なしです

物語の中心にあるのは
家庭の経済を圧迫する老人という問題

記者がこの問題に執着を見せるのは
彼の家庭の環境にその理由をみつけられます

彼が奥さんに押しつけている問題は
彼自身をも圧迫しているのですが
この事件の関係者は
その圧迫を単純な金目当ての犯罪の物語に
閉じこめます

弱い人をさらに追いつめる問題に食い込んで
楽にさせるという名目で
さらに追い込む犯罪者たちは
他ならぬ自分こそがその標的になりえるという点で
憎むべき敵であると同時に
この問題を解決してくれる
魅力的な犯罪にも見えたのではないかと

執拗にこの犯罪の当事者に対し極刑を望む主人公は
自分の中のその悪を彼らに投影しているんじゃないかと

彼らが生きてその生を楽しんでいるという事実は
自分が非道な選択をして心安らかに生きる可能性を
指し示しているんじゃないかと思うわけです

これはもう鑑賞者にも
当然突きつけられる問題だったりします

ただ死ぬのを待つだけの存在は
未来の自分の姿です

そこで迷惑をかけたくなくてお金を貯めたら
それを目的に標的にされたりするわけです

世の中の仕組みが暗い方向にいくように
できているかのようです

いかん
また頭が痛くなってきた

もうちょっとここまで!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 恋の渦 [映画]

あまりに評判がいいので
遅ればせながら鑑賞決定

もてない友人に
彼女をあてがおうと行われた
部屋コンパで出会った男女が
その後繰り広げるあれやこれや

恋の渦

すでに一度公開を終えてからの
延長公開だと思うのですが
ほぼ満席

見終わって
そりゃそうだなぁと超納得

抜群におもしろいもの

映画を一人で見に行くようなおっさんには
縁遠いタイプの人たちによる恋愛模様ですが
決して全く無縁の展開ではありません

人が会う相手によって態度が変わるなんてのは
人として当然のことですが
それによって生まれるドラマ
共感や記憶を刺激しまくりで
見ている間中脳味噌がスパークしまくりです

出てくる人間はたいてい問題のある人ですが
逆に言えばどこにも問題のない人が
この世の中にいるのか?
っていう

もちろん登場人物の中で
自分に問題があるんじゃないのか?などと
殊勝に自問する人は少数です

そして数少ないそれを口にする人は
過剰に気にしている様子なのに
同じ事を繰り返した挙げ句に自滅したりします

思ってはいても考えられないっていうw

あと
自分はすべてを客観視できている

自信たっぷりに見えている人にも
真実は裏切りを用意しています


多くの鑑賞者にとって
あれは予想されたものだったと思います

端から見れば疑わしさいっぱいですw
とか
小さな世界の中であっても人っていろいろだよね!
と楽しめるので
人間関係に興味のある人におすすめ!

そもそも他人とか他人同士の関係とかに
全く興味がない人はきついかも?
っていうか
そんな人は映画なんかみないかw

ネタバレ込みの感想は以下
誰もがこの映画を見た後にするであろう

キャラに対する感想ですw

DSC_0042.jpg

基本的にどいつもこいつも困ったものですが
一番好感がもてるのはユウタくん

日和見に見えますが
誰に対してもフラットな距離感に共感を覚えます

ただ
うざいタカシくんとの距離感については
ちょっと違和感があって
最後の方まで彼はゲイだと思ってました

割とどっちともとれる終わり方のような気がしますが
もしかすると彼の持つ性欲の割り切り方が
一番すっきりしているから好感がもてるのかもしれません

というのも
他の多くのキャラクターは欲に対して
様々なコーティングを施します

というわけで
同じようにストレートなカオリちゃんが
ほぼ同格で好感もてます

ただもう厄介ですよこの子
簡単に好きだのなんだの言っちゃうし
誰にでもいい顔しながら
誰にも心を許さない感じとか
ピリピリします

まだ物語が続いていく感じで

あと次はトモコさん

すごくいい人です

ただ完全に降伏する姿に
いらいらしたのも事実

それだけに最後の展開は爆笑でしたが

そうか
女は怖いな

ユウコさんは友達になりたいw
女子会でのトークを見る限り
しゃべってて楽しそうだし

サトミさんは最初の場面で
はぶられてる感じがかわいそうだったけど
彼氏の携帯を探ったりとかで
よくある怖い女の典型であることが
序盤に提示されてますw

うん
そんな感じだと思った!
したたかな女というか
同性に嫌われるタイプというか

オサムくんは頑なに変な笑いのネタを拒絶する辺りは
よかったのだけど
彼女に対する態度ひどくてねー

ああいう彼女をぞんざいに扱うパターンは
本当に苦手だけど
もしかしてそれは
コウジくんを見て影響を受けたのかなぁと

そんなに付き合い長くなさそうだけどw

このコウジくんは本当におもしろくて
女の子や友人や弟に対しては大きな事をいうのですが
ちょっと距離のある男性を相手にすると
言いたいことがまるで言えなくなるのが弱々しくて

最後の対決場面はもちろん
よくよく思い出すと
あのうざいタカシくんに対しても
直接は言えないわけです

よく知らない人だから?

自分がいないところで自分が誉められているのを知って
うれしそうな感じとか
実は自分に自信がなさそうな感じが
中心にいるようで実はかなり弱い存在じゃないかと

とはいえ
うざいタカシくんはやっぱりふつうにうざいなと

決して本格的に嫌われるタイプではないと思いますけどもw

という感じで
なんか全員に対して割と実際の知人であるかのように
いろいろと言いたくなるいい映画でした

これは観に行ってよかった!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 貞子3D2 [映画]

3Dも貞子も別に興味はなかったのだけど
スマ4D?
映画館でスマホの音量をマックスにして楽しもう?
それはちょっと楽しそう!
ということで鑑賞決定!

なんか前作テレビでやってたけど
そっちも見てないよー
あたりまえー

貞子3D2 スマ4Dver

いえーいタイトル数字だらけー

DSC_0041.jpg

客入りはそんなにだけど
開始前からちょっとはしゃいでる空気!
渋谷とかで観た方がよかったかも!

近くに若い女の子グループがいて
始まる前からびびってていい感じ!

内容?
あんま覚えてないけど
どうやら前作からの続きみたいなんで
話は知っておくといいかも ?

どうでもいいかも ?

3Dめがねかけた途端に頭痛になって困るけど
映画始まってからちょくちょくスマホを見る場面があって
適度に休めていい感じ

そんな映画なんで驚かし方も
ストレートなびっくり箱方式!

タイミングもストレートなんで
ホラー慣れしてる人ならだいたいの演出まで見通せるかと

それでも楽しいのはやっぱりスマホをいじりながらの鑑賞だから

特に電話から声が聞こえてくる演出は
妙な臨場感があっていいです!

あれ?
ギミックのネタバレはしない方がいい?

そしたら語ることがほぼなくなった!

瀧本さんは地味なイメージでしたが
いや
今回もかなり地味な印象ですが
それでも独特の色気とおもしろさがあってよかったです

ぼんやり演技が追い込まれてるというより
催眠術にかけられている人みたいで
見てるといろいろざわついてよかったです!

特に夜の学校で驚いた時の顔!
マンガ的に悲鳴をつけるなら

わーーーーー

って顔で最高でした

きゃあーー
とか
ぎゃあーー
じゃなくて

わーーーー

なんか
しりあがり寿のマンガみたいな顔

だめだ!伝わる気がしねぇw

一応モンスター?役の女の子もよかった!

ずるいよねー
いろいろずるいよねー

映画終わった後もアプリで遊べるんで
映画館的には困った映画かもしれません

グループで来てる人はそこでまた
きゃあきゃあ騒げるんで
友達やらデート映画やらで行くのはおすすめ!

一人映画としては
もうギミック楽しめるかどうかだけかな?

怖さは最初から苦手な人はやっぱり怖いだろうし
平気な人は全然大丈夫だと思いますw

驚くことはあっても怖くはない!

というわけで
瀧本さんのファンにお勧めです

アップがすげぇ多いから! w

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。