So-net無料ブログ作成

映画 ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE [映画]

すっかり映画ファンとしては活動が停滞して
とりあえず月に1本くらいでいいかなぁと
落ち着きまくってる昨今ですが
6月の映画はこれ

下らないことを追求するバラエティ番組の
一企画がなんと映画に

劇団ひとりが誘惑を振り切り
キスを我慢する2時間!

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE

THE MOVIEじゃねぇよっていうw

ところが劇場は満員
って舞台挨拶があるからか!
200円アップでお得!

それでも六本木だからおしゃれ度が高い客層!

・・・そうか?

内容はしょっぱなからバラエティのフォーマットそのまま!
いきなりMC群のトークからスタート!
普通の映画ではないことを明確にしてくれます

それでもカメラの量と無駄に大げさなBGMが映画っぽさを
醸し出していきます

主演の劇団ひとりも映画だからと演技ばかりに集中することなく
演技とリアルな心境を行ったりきたりする
いつも通りの名人芸

監督たちが作った物語の中に自分の居場所をグイグイと
作り上げていきます

もちろんアドリブでやっているし
それにあわせて周囲も対応する展開であり
なおかつどうやらかなり編集が入っているようなので
矛盾や忘却される設定もあります


その場で存在しない世界を作り上げていく様を
映画館のスクリーンで観る行為は
驚くほどのライブ感があります

面白い!

辻褄よりもその場の雰囲気を優先させて物語をつなぐ
というのは
邦画が批判されがちなポイントだったりするわけですが
そこをカバーするのではなく
むしろそっちメインで組み上げていくともいえるこの映画は
うっかりすると
観客を泣かす為に雰囲気だけで押し切る邦画への批判すら
含んでいるように思ってしまいます

まったくの見当違いだよ!

というわけで
映画館で声を出して笑いたい人にお勧めです

物語のご都合主義に映画内でつっこみが入ります
時には演者が自らw

物語の解釈とかが必要な作品ではないので
詳細感想はなしで


でも終盤にいろいろかっこいい台詞が出てくるので
うかつな人なら人生を変えられちゃうかも!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。