So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 HK 変態仮面 [映画]

あんまりな飛び道具感に
ここのところ映画熱が冷めていることもあり
ちょっとひいてはいたのですが
ネット番組に登場した主人公を演じる彼の
あまりにもナイスガイっぷりに
ちょっと観に行かないとな
という思いもありまして鑑賞決定

変な格好の主人公の苦悩と闘争

HK 変態仮面

レイトショーで満席とか
ここ最近では初めて見たかも!

内容的には期待に応えるくだらなさ

意外と感動できる!
というような事も惜しくもなかったですが
なにしろやっぱり
主人公に好感持ててしまうから
当初の目的を果たしました!

あとフォーゼのヒロインでもあった
清水富美加がまたやってくれました!

マンガ演技をさせたらこの子は本当にすばらしい!

いわゆる自然演技の間をはずし倒す
そのナチュラルなふざけた空気感がやっぱり最高です!

どのヒロインやっても好感しか持てねぇ!

内容をもうちょっと細かく見ると
勇者ヨシヒコも好きなんだけど
あれほど笑えなかったのも事実

というか
オープニングの両親のなれそめで外したのが痛い

多分わざとあのもったりしたテンポなんだろうけども
あれいらなかったわー

というか
片瀬さんがんばりすぎてた
もうちょっとけだるさも入れて良かったんじゃないかと

面白くしようとしすぎだよ!

中盤の安田顕さんのぶっとばしっぷりで
かなり持ち直したけども!

でも満足でしたよ

基本的には好きな役者が順番に出てきてるし

でも不満がなくもないですよ
あーこれ笑いどころだったんだろうに
のれてないなぁと寂しい気持ちになる部分もあったし

とりあえずビジュアルを見て
かっこいい!と思えたならお勧めです!

いいのか?それで!

一応ネタバレ含む詳細感想は以下

F1000034.jpg


オープニングでテンポ悪いとはいったものの
そこから変身に至る過程については
乱暴なまでのテンポだったりします

特にヒロインとのやりとりは安定の空気

その後に主人公の苦悩展開が入っていくわけですが
これがギャグとして見せているのか
マジなのか良くわからない辺りも楽しめます

ただ個人的にはちょっとしつこかったかと
良くしゃべるし

たくさん重ねることで高まるものもないように感じたので
もう少しシンプルでいいんじゃないかと

戦いを重ねるダイジェスト具合も
笑いとしてはピンときませんでした
タメが多すぎたんじゃないかと


中盤になって究極ライバルが出てくると
一気にドライブします

というか
主人公の身体の説得力は
むしろこちらを引き立てているんじゃないかと

物語的にはいまいち盛り上がる気はしないのですが
なにしろビジュアル的には盛り上がりっぱなしです

なんだこれw

うーん
物語に触れるとあんまり面白い感じがしませんが
この映画で大事なのはアクション

それも
主人公のポージングと
カウンター主体の戦い方が秀逸です

物語の説明を
この戦いの中でやってテンポあげてくれたら
カンフー映画っぽく楽しめたはずなのに!

あんま大した感想なかったな
わざわざわける必要なかったかも!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。