So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 デッド寿司 [映画]

動ける若い女優として注目してる
武田梨奈主演映画
となると
ついつい観に行ってしまうので鑑賞決定

井口監督作品とはいまいち相性がよくないけれど
ドグちゃんを信じて観に行くぞ!
ということで観に行きました

寿司が人を襲う映画

デッド寿司

さすがにジャンル映画!
上映館も少ないのでほぼ満席!
でも隣はちょっとあくとかこの丁度いい感じ!

内容的にはだからまぁ井口さん映画です

ふざけに本気なのですが
やっぱりちょっと笑いのセンスがあわないなあ
という

武田さんのアクションは楽しめます

グロの部分は
やってんなー
って感じでさほどぴんとこないまま

たぶん寿司に対して感情移入できないからかな?
寿司に感情移入?

とりあえずわかってる人用の映画なので
わかっていると自覚のある人にお勧め
お勧め?


武田梨奈さんアクションができるが故に
戦う女の子の物語ばかりに出てて
女の子が戦う理由付けとかの問題か
やたらとシリアスな顔する映画ばかりに出てたので
今回はじめてコメディ演技をみたわけですが
断然こっちのがいいです

ドジっこ演技とかは演技レベルとは別の
かわいげが必要で
演技力よりもそうしたにじみ出る魅力が
いい感じに出ていたと思います!

次もコメディで是非お願いします!

一応ネタバレ含む感想書くけど
大したことは書かないよ!

F1000012.jpg


基本的に物語はぺらぺらなのは
そういう映画だから問題ありません

ただ
あの黄色い味方がちっともかわいくないのだけは
いかんともしがたいです

ドラえもん映画でも異界の友人といえば
一番泣かせる重要キャラだと思うのですが
これについてはそういう役回りのこいつが
なんかちょっと媚びすぎで気持ち悪いという

最初はもう少しツンでもいいんじゃないかと

そもそもは敵なんだから!


ネタバレ感想で言いたいことはそれくらいだったw

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 96時間/リベンジ [映画]

なにしろ前作が面白かったので
続編があると知って大喜び!
当然鑑賞しますよバカ野郎!

娘がさらわれて関連する悪人を皆殺しにしたら
その親族がリベンジに来るよ!
因果応報!

96時間/リベンジ

公開一週間なので客席はまばらながら
そこそこはいってます

そこそこつっても半分も入ってないけどさ
いつもこんなもんです

基本フォーマットは前作と同じ
のんきな日常
破壊される平穏
取り戻す行動
そしてエンディング

その間ずっと楽しい!
やっぱ面白い!

なにしろパパの絶妙なポジショニングの
別れた妻と娘との関係性とか
前半のコメディっぽさは健在!

パパが来た!


その裏で行われるリベンジ

原因が何であれ
彼らの怒りには根拠があります

こういうマッチョアクションで
屑のように殺される多くの雑魚キャラの
恨みを背負って立ち上がる悪役一族!

って内容書いちゃった

いやまぁだから
ルーパー~ライダー~96時間と
全部アクション
ルーパーとライダーにはタイムリープ要素があって
ライダーと96時間では追いかけっこアクションが似てて
なんだか連続で観たいろんなもんが全部ないまぜになって
変な感じ!


最後が96時間でよかった!

なんかやっぱ映画面白い!

アクション映画ファンにはお勧めです!

勧め方が雑!

もう詳細感想とかいいよね?

F1000009.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム [映画]

シネマハスラーでの評が面白かったので
遅ればせながら鑑賞決定

フォーゼのライダー部の五年後が観られる!
ってだけでもうオッケーでしょ?

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

なげぇよ!

さすがに公開からずいぶん経つので小さいスクリーン
客は家族連れがまばらに
そりゃそうだ!

内容は評に違わぬアクションラッシュ

宇多丸さん絶賛のポワトリンは
ちょっときれいな姿勢にこだわりすぎて
テンポが悪かったのが残念
多分ハードルをあげすぎた

むしろナデシコの方がよかった!

ただ
スペック的にはポワトリンの子はすばらしいので
とりあえずTVシリーズ始めてみようか?

いや動けるんでアクションのアイデアを
実践する姿は 最高で
華麗なステップで攻撃を避けるところとか
すばらしかったんです

あとはテンポだけ

噂のオチはあれだけほのめかされれば
イヤでもわかってしまうわけですが
怒るこたないですよね

ただ
あれが真実だとすると
TVシリーズ化は…くそ!

あと
ライダー部観てると泣いちゃうから困る し
ウィザードはよくわかんないし
アクマイザーはちゃんとかっこいい悪役だった

詳細感想はなくてもいいかな

宇多丸さん評論に付け足す感想も特にないし

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 LOOPER [映画]

予告編が普通におもしろそうだったので鑑賞決定

未来から送り込まれる人を
バンバン殺す人がいるんだけど
未来から来た自分が抵抗してきてあら大変
とか?

LOOPER

平日のレイトショーだからそりゃ人は少ないよ!
でも貸し切りじゃなかった!

驚いたのはこれSFなんですね?
いや
未来から人が来るっていうんだから
そりゃそうだろうとは思うのですが
思っていたよりずっとガチガチのSFで

舞台も近未来で
それよりもっと先の未来から自分が来ると

序盤のルーパーシステムの説明とか
ちょっとだけ未来を表現するいろんなギミックと
未来と過去との関連の仕方が面白かったのですが
ちゃんとドラマが転がり始めたあたりから
眠くて眠くて

いや
なんというか
ちゃんとしたいい話だったと思います

ただもっとしっちゃかめっちゃかな話しかと
思っていたんでびっくりしました

追いかけっこワーイ!って話では全然なくて

人が人を救うこと
みたいなのが中心にドカンとあるので
真摯な気持ちで観る方の映画かと!

そういう意味では生き方に悩む人とかの方が
観るべきなのかも!

タイムスリップの要素があることで
主人公の成長のねじれ具合が面白かったです

詳細感想は以下!
圧倒的なネタバレ(オチばれ)するんで注意!

F1000008.jpg


舞台は2044年
そこから30年先にはタイムマシンが開発されてるけど
法律で使用は禁じられてる
でも悪い奴がなぜか持ってて悪用中
殺したい相手を今に送り込んで殺させてる

報酬は殺される相手が背中にしょってる銀の延べ棒

時間が指定されるので待ってると
飛んでくるんでそいつを殺す
というシステム

簡単なお仕事です

ただ
当然これは違法行為なので罰を受けると

それがループを閉じる
という状態で

自分が送られてくるんで撃ち殺すとそれで終わり
(これをループを閉じると表現)

殺される人は白い布で顔を覆われているので
どれが自分かはわからないのだけど
背中にしょってる銀が金になっているから
殺した本人には殺してからわかるシステム

という
このシステムだけでいろいろと
疑問点が出てくるSF好きもいるだろうけども
そこはそれ
飲み込め!


仲間が送り込まれた未来の自分を逃がしてしまう事で
過去の体を傷つけると未来に影響を与える
という事がわかってくるわけです

徐々に肉体が欠損していく場面の怖さはなかなかです

実際に損傷を与える場面は描写しないのに
勝手に過去の映画で得た映像が脳内に展開されていく!


主人公はまずは普通にこのルールに則って生きてきたのですが
30年後に大事な人を見つけて幸せにやってる最中に
過去に送り込まれそうになったのを反撃して難を逃れまして

ただ
大事な人が殺されちゃったのでその現実を変えるために
次々とループを閉じている有力者を
子供のうちに殺すために過去へ戻ります

タイムマシンのセッティングとか
自分でできないから処刑現場に出てきちゃうけど
知ってるから対処可能!


過去の自分を生かし続けつつ
有力者探しに出かけます

手がかりはなんか直前にもらってたんで
三人くらいに絞れました!

当然そんなにがっつり運命変えちゃったら
そもそも彼女と出会えないんじゃ?
というもっともな想像もあるのですが
そこはそれ
飲み込め!

大事なのは二人が対峙する場面

ここで未来の自分は
自分勝手でどうしようもなかった自分を救ってくれた
大事な女性を守るために有力者を殺す
と宣言するわけですが
現在の自分は写真を見せてくれれば
その女性を避けるようにするから
それで
彼女は死なないからいいじゃないか?
という提案を軽口としてします


未来の彼はそれを拒否します

ここで
救われたと語る彼が
結局は彼女のためではなく
救われた自分を維持するために彼女を必要としている
ということが見えるわけです

つまり
過去の自分と未来の自分が協力して
悪い奴を殺す
という物語ではないわけです

こっからドラマはいろいろ展開するわけですが
ラストで
主人公の下した決断によって
30年生きた彼が得た与えられた救いを
はるかに越えた
本当の救いを自ら勝ち取る姿を
観られると

そういう話だったと思います

うん
確かな成長の物語

彼は30年後の彼を救った彼女を救い
一人の少年を救い
親切な女性を救い
その後彼の人生上のいざこざで殺した
何人もの命を救って
自分の魂も救ったと

実にきれいな話でした

ただ中盤ねむくてねえ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 ホビット 思いがけない冒険 [映画]

金曜1000円の映画館がせっかくあって
金曜に普通に休める日があって
だったらこうがっつり映画を観よう!
と思ったので長いけど評判のいいこの映画を鑑賞決定

ロード・オブ・ザ・リングの前日單

そっち観てないけどな!

ホビット 思いがけない冒険

公開からそこそこ経ってるんだっけ?
でも1000円だからそこそこ入ってます

ちなみに2D字幕です
3Dは体質的にいろいろ厳しいのです
吹き替えでもよかったのだけど
時間がちょうどよかったのがこっちだったので

あんまり乗り気じゃなかったのは
原作も読んでるし
ゲームファンタジー世界の冒険物語は
さんざん見てきたし
今更ねぇ
という気分で

ただまぁはじまってそりゃもう雄大な自然が
バーンと出てきて
回想場面でのでっかい砦とか
ドラゴンの恐怖とかの映像の説得力で
うおおおおお
とか盛り上がってそのまま
普通のファンタジー物語を
最後まで楽しく観れてしまう
という

物語の骨子は少年マンガ的な
目的のために旅ゆくパーティ
おもしろアイテムを手に入れたりしながら
いろいろ乗り越えて結束を固めていく熱血展開で

そりゃ好きだものー
ベタだろうがなんだろうが楽しいものー

一番大きいのはやっぱり映像
2Dでも乱闘シーンはど迫力だし
立体的な舞台の中を派手に動き回る怪物の群れ
とか
現実にはありえない風景がバンバン目の前で広がるのは
素直に楽しいなと

だから
素直に映画館で映画を観たい人にお勧め

日本だとホビット役は濱田岳くんだね
間違いない

ネタバレ感想はなくてもいいか

とりあえずホビットが旅に出る理由は
序盤ではさほど明確になりませんが
見てるとちゃんと説明されるつくり

これがまたベタで別に驚くような話じゃないんですが
胸は熱くなるよ
どうしたってね

ただ物語は
まだ終わってないんですよ
何部作にするつもりなんだろう

とりあえずその点だけが難点

F1000007.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 007スカイフォール [映画]

あけましておめでとう鑑賞

タマフルで軒並み上位にあげられていて
これはどうやら観ないといけないぞ
ってんで鑑賞決定

007が時代遅れという謗りと戦います

007 スカイフォール

1日だからとはいえ
公開1ヶ月にしてはなかなかの入り
小さいスクリーンではありましたが半分くらい?

内容はもう最初の
美しいケレン味いっぱいのアクションから
面倒になる時代の変化に対して抗って
どんどん退行しながらも逆転の一発を狙う
的な熱い展開で中盤からはもうずっとガン上がり

というか
敵がいいとこの手の話は盛り上がるというもんです

ちょっとテーマと敵の設定が
一致してるのかどうか微妙な気もしましたが
そもそも自分がテーマとして受け取った
時代遅れと言われても自分のやり方
時代と関わっていく職業人の意地
みたいなのがすでに大きく間違ってる可能性もあるので
にんともかんとも

中年男性にお勧め

というか今回スパイというか
SPな感じ
というかいつも悪いこと考えてる人を
こらしめて歩く感じなのが
今回は向こうが狙ってくるという展開なので
そりゃまあそうか
ってなもんです

ネタバレ含む感想は以下

F1000006.jpg


とにかく最初の一連のアクションがオチまで含めて
最高におもしろかった
という

場面転換の仕方とか
やってることの無茶さとかが
リアル路線とか知ったこっちゃねぇ
というすばらしき荒っぽさ
たーのしー

その後の状況説明場面や
それをもとに行動するパートで
やや眠気を誘われるものの

ボスキャラが直接ボンドと話しはじめてからは
もうこの敵の魅力とボンドの渋さで
グイグイみせてくれます

眠気もふっとぶよ!

圧倒的な敵に対して
淡々と抗戦を続ける展開になると
渋さは天井知らず

痛みを抱えながらも
同時に信念も持ち続けていて

って
そりゃ今日は1月1日だけど
pomeraが新年も餅つづけてとか変換する!

とかそれはともかく
あくまでもテーマは渋いながらも
やってることは超派手なドンパチ

敵が派手なせいでまたボンドの渋さが際だつとか
もうまさに映画の敵キャラ感マックスです

なんか書けば書くほどアホっぽくなるので
ちゃんとした評論はタマフルのPodcastでどうぞ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。