So-net無料ブログ作成
検索選択

アイドリング!!! 9thライブ ボンノウの数だけ愛がある! お正月eveング!!!@中野サンプラザ [行ったところ]

公演一週間前の時点でチケットが買える
とのことなので
せっかく応援してるのにそれはいかん!
と見当違いの違和感を発動させて参戦決定

イベントではないアイドルライブの現場突撃は
Perfume以外では初めて
あらかじめ現場の雰囲気を知った上で
しかもライブハウスで行ったあれとは
全然違うんじゃないか
と不安半分で参戦しました

アイドリング!!!9thライブ
ボンノウの数だけ愛がある!お正月eveング!!!

中野サンプラザ自体が初めて

もちろんギリギリで購入したチケットなので
席は一階のほぼ最後方

やあ
これは見やすい
もちろん顔の識別はできませんが
あくまでも雰囲気参戦なので問題なし

メンバーのナンバリングTシャツを着るファンのみなさん
見事にバラバラですばらしい
四期メンバーは一人ずつぐらいしか見あたらないけど
ほぼ全員分ちゃんといました
どうしても見つけられない人もいましたが
ほら
一階席しか見えませんから
きっと二階とか死角にいたんだと思います

場内アナウンスがどうやら森本アナでプチ上がり

CSの生放送があるから時間通りにスタート?

うん
普通にイメージした通りのアイドルライブでした

地下アイドルのイベントみたいに
ファンが獰猛すぎるレベルのアクティブさを発揮しないし
そもそもテレビから
という恵まれた状況のグループなので
途中のコールとかジャンプの要求とか
ライブの煽りが段取り臭いですが
それはそれでアイドルっぽいからありかと

そもそも
若い女の子が懸命にいろいろやっているのをみるのは
スポーツ観戦と同じ意味において楽しいですから
そのレベルではずれたりしません

ただ
個人的にはもっと自由にやってくれるとうれしい気分
せっかくテレビで着々と各メンバーのキャラを
見せてきてるのに
みんな同じ振り付けとかもったいない

そもそもダンスや歌のレベルが
揃っている訳でもないし
横山倉田あたりの踊れるメンバーが窮屈そうなので
振り付け自由な部分とか増えないかな
とか

サビだけとか小節の最後のポーズだけそろえるとか
一人一人の個性と技量にあわせた振りを
って振り付け師の負担が20倍だな
殺す気か
いくら払えばいいんだ

間のMCもやっぱり喋れるメンバーが中心になっちゃうし
ここも台本の存在を消すほどの自由さを感じません
って
それは生放送があるから仕方ないのか

とか
いろいろもやもやしながら観てた部分もありますが
生バンドは単純にあがるし
機種変・プールサイドあたりは踊るのが楽しくて
いい感じでした
リズムがクルクル変わる曲は大好きです

そろそろ結論めいたものを

バカリズム升野さん不在もあって
番組のファンとしては楽しめる場面は少ないのですが
アイドルが与えるべき多幸感はあったんじゃないかと
森本さんはかっこよかったし

制約の多いテレビを中心に活動しているからか
ちゃんとし過ぎな雰囲気が物足りなさの原因かと
それがなんであれライブとなると
何らかの衝撃を目撃しに行ってる部分もありますから

ってそれは何であれ難しい要求

そういえば
メンバーの一人が肋骨折れてるとか
事前にカミングアウトしてた気がしますが
それほどそれを感じさせない頑張りを見せてたりして
感動的でした


それも出してくれてもいいんだけどな
出るだけで十分だから
とか
中途半端なアイドルオタめんどくせぇな!

さて
チケットが余ってるとの事なので
カウントダウンライブも鑑賞予定

大人組だけになったら
もう少し綻びが出てくるのか!
といやらしい期待

虐殺器官 | 伊藤計劃 [読書]

元々SFはあまり読まないのですが
日本のSFのここ最近で一番の傑作が
今年文庫化されたという話をどこかで見て
ずっと気にはしていた作品です

虐殺器官/伊藤計劃



SF特有の聞きなれない用語や
見たことのないテクノロジーという
想像力を強烈に刺激するあれこれに
あっという間に脳が酸欠を起こして
睡眠の渦に巻き込まれつつも
中心にある物語のミステリ性に引き戻されるのと
主人公の子供ハードボイルド感が魅力的で
グイグイと読ませます

おもしろい

作中での犯人役が提示する
平和を享受するための方法というのが
シンプルであるがゆえにわかりやすく
それを容易に行える手段があるならばどうするか?
という点において
SFに期待される先取りした設問を読者に叩きつけ
主人公に極端な選択をしてみせて困惑
とか
こういう作品を読むと感想が無駄に難解というか
単純にまとまりを欠くから困ります

今も世界のどこかで行われている戦闘行為
というのは大人ならば誰でも知っているし
今となってはそこそこ身近な問題ですが
そうは言ってもじゃあ毎日生命の危険を感じているか
というと
海老蔵とかエリカ様報道をのんきに楽しんでいるのが
現実だったりするわけです

この作品を読むことで
そうした感覚の裏にあるであろう現実が
グイと引き寄せられるのですが
それでも読み終わってしまえば
ああ
面白かったと
消化してしまう
という

できれば同じようなテーマで別の面白い作品を
ガンガンと叩きつけていただければ
それがまた一つの考え方のスタンダードとして
本物の世界平和への武器にすらなり得る
とか夢想するのだけど
この優れた作家は既にお亡くなりだというから
世界平和がちょっと遠のいたんだと思います

本気で残念

スゴい会議!が本当に凄かった [その他の時間つぶし]

物凄い濃い
というか30分番組を3本連続でやってるような作り

吉田豪さんやバカリズム升野さんが煽りまくっていましたが
司会の極楽加藤さんがどんな話題でも対応できるので
がんがん回ります

TBSラジオでレギュラーを持っていたときから
偉い学者相手でも面白いラジオをしていた加藤さんなので
まったく当たり前の事ですが
これレギュラー化もあるんじゃないかと

普通に楽しみまくってた升野さんとの並びも新鮮でした

というか
最初のメンバーで90分じゃないんだ?
何人出てくるんだこの番組

2010年のゲームクリア状況とか [ゲーム]

※リンクは全部Amazonです

今年クリアしたゲームは13本
未クリアのゲームも山ほど
メタルマックス3とかいろいろ

とにかくアドベンチャーゲームが充実してた年でした

ベストはゴースト トリック(DS)

謎を解く楽しみと操作する楽しみを
進行の中で意欲的に次々と提示し続けながら
魅力的なシナリオでも引っ張っていくという
エンタテイメントとして
こんなに毎日わくわくして遊んだのは久しぶりです

この手のゲームはシステムに慣れない序盤は
楽しめても
パターンを把握して
ただ難度だけが上昇する後半でだれてきてしまう
という事になりがちだったのですが
新しいルールの追加で気分転換をさせたり
終盤でも難度の波をつくって疲れさせないなど
制作者の気配りのリズムがプレイのリズムと
ばっちり合致して最高に気分良く遊べました

文句なしに今年最高のゲームです

次点にTRICK×LOGICPSP

久しぶりにSONYらしい
思い切った飛び道具感あふれるソフトでした

謎解きミステリのゲーム化として

ここまでシンプル方向を選択するとか
なかなか思いっきりがいいというかなんというか

しかもそこにプロの作家を持ってくる辺りが
SONYらしいという

中で使われるトリックの暴れん坊ぶりもなかなかで
小説ではなくゲームだからということで
思い切ったトリックが使えるということなら
いろんな人にとって幸せなことじゃないかと思います

何よりも時間制限ありの回答提出システムが
十分に動機として有効で
こんなに気持ちのいい自己満足させてもらえて
ありがたいという気分でいっぱいです

世界樹の迷宮の最新作が思ったほど盛り上がらなかったり
結局据え置きのゲームはのめり込めなかったりと
寂しい気分もありましたが
ラストランカーは楽しめたし
アサシンクリードIIもきっちり遊べたので
全体的には当たり年だったような気がします

ちなみにゲームじゃないけど一番稼働したのは
間違いなくPS3のtorne(トルネ)でした
あまりにも稼働しまくりなせいで
PS3の他のパッケージゲームを買っていません

2010年好きな映画たち [映画一覧]

今年観たのはは去年よりグッと減って130本
環境の変化と
なんでもいいから観るという姿勢を改めたのと
オタ趣味が忙しかったから

というわけで楽しい1年のまとめ

2010年お気に入り

まずは表の10本

例えば
特に親しくない人から
映画鑑賞が趣味という話で
興味無さそうになんとなく質問されたら
回答するであろう表のお気に入り

去年同様ランキングはつけません
面倒くさいから

(500)日のサマー
ボンクラ男子を中心にした美しい人間関係構築ドラマ
分かり合うことが難しくとも人間は他者と関わらないわけにはいかんのです

Amazonリンク:(500)日のサマー [DVD]って映画代より安い!

フローズン・リバー
単純な筋にとにかくいろんなテーマを過不足なくぶち込む手腕に
感心するというかもう惚れ惚れする勢い

Amazonリンク:フローズン・リバー [DVD]

息もできない
韓国映画らしい極まった暴力衝動と選べない出自の中で
ひたすら不器用にぶつかりあってわかりあってでも失うその世界に

Amazonリンク:息もできない [DVD]

フェーズ6
人間の人間らしさは生物としての人間の生存には何の寄与もしない
どころかむしろ障害といわんばかりの絶望的展開に悶絶

Amazonリンク:フェーズ6 [DVD]

川の底からこんにちは
去年も入れたけどもう一回観たらやっぱり面白かったので
まだまだ日本は不景気でがんばるしかない状況のままです

Amazonリンク:川の底からこんにちは [DVD]

告白
女性復讐者の松たか子の鬼の笑顔演技が背筋を凍らせると同時に
何者かになりたがる子供達の子供っぽいミスを容赦なくあげつらって爽快

Amazonリンク:告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

インセプション
面倒なルールの中での単純な冒険譚を芸達者な役者が騒々しく演じます
理想とは違う他者だからこそというテーマの為に要素を削ってる感じが良い

Amazonリンク:インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

瞳の奥の秘密
入り組んでいるようですんなりと入ってくる物語と
退屈させないユーモアとまさかの綺麗なエンディングへのつなぎ

Amazonリンク:瞳の奥の秘密 [DVD]

乱暴と待機
とんでもない変わり者が束になって狭い住居に密集すると
気持ちの悪い展開になるというのを覗き見ているゾクゾク映画

Amazonリンク:まだないみたい

リトル・ランボーズ
子供はどこかで急にその世界をグイと押し広げるし
後から色んな人たちの想いを知ると大人だってグッとくるんです

Amazonリンク:まだ映画館で観れます?

というわけで今年も
トイ・ストーリー3(3D字幕版)とか当たり前にいい映画が浮かびません
いい話は印象に残らないというダメな性質

ああ
仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリもよかったのだけど
年末のライダーがいまいちだったのでひっぱられる形でちょっとひっこめる
謎の連帯責任制度

他にもいろいろあったのですがここで書いちゃうと選んだ意味がないので割愛

続いて
裏お気に入り

というか
実質映画館でテンション上がったという意味では
こっちが表でもいいくらい
でも
この楽しさを伝えても伝わらなかったりするので裏

宇宙戦艦ヤマト 復活篇
エピソードの描写があるたびに何かを言いたくなる
ボケ倒し展開で気がつけばずっと楽しんでいたんじゃないか?という

Amazonリンク:宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [DVD] UMD版を衝動的に購入しました

マッハ!弐
とにかく技の重みが全然違うというだけで心が震えます!
酔拳をガチの武術として見せてくれただけで大満足!

Amazonリンク:マッハ!弐 [DVD]

パーフェクト・ゲッタウェイ
綺麗なハワイの風景の中でなぜか繰り広げられる最強カップル決定戦
サスペンスと思ってみてたらランボーみたいになるという驚愕の展開

Amazonリンク:パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD] Blu-ray版もあるんだw

パラノーマル・アクティビティ
怪談で一番大事なのは物語そのものではなく演出という側面
DVD鑑賞では絶対に味わえない偶然の演出で終了後に激上がりのあの一瞬に

Amazonリンク:DVDで観ても仕方ない

渇き
韓国映画に求める嫌な雰囲気を十二分に見せてくれるのみならず
悪の純度が高まるたびに美しくなる女という恐ろしい描写に心奪われてもう

Amazonリンク:渇き [DVD]

武士道シックスティーン
圧倒的にベタな青春モノですが天才役専用女優成海璃子と
なんでもできる北乃きいの共演で何か泣いちゃったので

Amazonリンク:武士道シックスティーン [DVD] 邦画DVD高い

バイオハザードIV アフターライフ
強まったミラ・ジョヴォヴィッチが弱らされたけどまだ異常に強くて
でも一般人を守るほどではないので今回の味方の皆さんは気の毒

Amazonリンク:バイオハザードIV アフターライフ [DVD]

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
単に若い女優が脱いだってだけにしては脳がしびれるほどのインパクト
物語の何だか良くわからないテンションで混沌に叩き込まれて悶絶

Amazonリンク:ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う [DVD]
          ディレクターズ・カット完全版も同日発売

エクリプス トワイライト・サーガ
完全にコケにされ続ける父親の悲哀がどんどん加速されるシリーズ
もう主人公の暴君っぷりは許すからせめて父親を苦しめないで欲しい

Amazonリンク:エクリプス/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]
          他にも色んなセットが発売

白いリボン
挑発的なそのたたずまいを前にまるで理解できなくて眠ってしまったことを
酷く残念に思ったあまりついつい初めての連日鑑賞をしてしまった記念

2010年のポイントランキング

1位.ソラニン(試写)
2位.マッハ!弐
3位.シャッターアイランド
4位.川の底からこんにちは
5位.Dr.パルナサスの鏡
   母なる証明
7位.ACACIA -アカシア-
8位.BECK
9位.シェルター
10位.宇宙戦艦ヤマト 復活篇

解釈物とアンチっぽいのが人気?

まさかのシェルターのこの順位
読み直してみたらなんか良くわからないあらすじが
ダラダラ書いてあるだけでびっくりしました

あと
去年もはいっていた「母なる証明」と「川の底から~」が
今年になってもまだ押して貰えてこの順位
両方ともお気に入りなので素直に嬉しい

来年は新作とかはあんまり数観れない予定
残念

基礎体力を高めるために
過去作品を観るようにする
という体で一応映画ブログを名乗ろうかと

第3回 オモバカ [その他の時間つぶし]

劇団ひとりが前回の優勝者なんだ?
前回見逃したのは失敗だったな
このルールなら相当強いよそりゃ

わぁ眞鍋さんいるぞ
なんかドキドキするな
すげぇメイクだな
怖い

ジャルジャル後藤さんTシャツがパンクラス?
応援せざるを得ない

ケンコバさんの解説芸
選手として出るよりずっと良い

TIMのセコンドが大好きです

それにしてもくだらない
こういうくだらないネタを
ここまでショーアップすると
それなりに勝負論的な楽しみ方が
できなくもない
というのが面白い

いや
ちっともスリリングではないので
勝負論とは違うのだろうけど
本気で遊んでる雰囲気がいい感じで

いつもはあまり好きじゃない野性爆弾の彼も
すごい楽しめる

録画して腰をすえて見るようなもんじゃなくて
どこまでも脱力して楽しむべき

日村vsひとりについての
日村さんのポジショニングが絶妙

普通だと実力差が気になる所を
事前VTRで卑下しまくる事で
不思議と同じレベルの期待値になるという
マジック

何言ってんだかわかりません

いや
でも日村さん面白いなあ

完成度勝負じゃないのがいい

そして劇団ひとりの強さは
底抜けにくだらない事もまた得意
という

PS3 SPACE INVADERS INFINITY GENE [ゲーム]

PSNで購入しようとしてたのがこれ


いろいろあって購入

この片付けやらなにやら
やらなくちゃいけない状況で購入


ずっと3時間くらいやり続けるバカ

なんかダラダラと進行できちゃうので
ただひたすらインベーダー退治ですよ

次第に武器が増えたりするし
EASYが本当にEASYなんで
ついついやめられずに継続

体がすっかり冷え切って大変な状態です

これは危険なゲーム

1000円でこれだけ遊べたら大変
音楽もいいしねぇ

他にもクリアしてないゲームが山ほどあるのに
ついつい
ついつい
タグ:PS3

Wii ノーモア★ヒーローズ2 ランク3位 [ゲーム]

今年中に終わらせられるんじゃないか
サクサク進むし

後半がサクサク進行するのは
最近のいいゲームの特徴なので
これはいいゲームだと思います

何その逆説ー?

今回の相手もまた
台詞も描写も極端に少ないけれど
倒した後に切なくなるとか
本当に饒舌なだけのアドベンチャーをつくってしまう人たちに
是非
見習ってもらいたい!

とか言ってはみたものの
そういううるせぇ感じのゲームのが売れてるんだっけ?
そうですか
じゃあ仕方ない
資本主義社会じゃ売ってなんぼですものね
はい負けた負けた

というわけで
あと二人ですがそのまま素直に終わるとも思えない
なんとか今年中に終わらせられるか
今年ってあと二日

レアメタルに似た新合金精製 [ニュースを見た]

早い

なんとかしなくちゃいかんとなって
他の国から輸入しようかとか言ってたら
さっそく似た性質の合金が作れそうとか
展開が早い

できる人は凄いな
なによりスピードが大事

日本は追い込まれてなんぼだな
いい国です

DS もじぴったんDS 久しぶりに3ステージくらいクリア [ゲーム]

とりあえず暇つぶしとしては最強レベルのソフト

もうすでにランクはかなりきわまっているけれど
ステージは半分もクリアできていない
という

「くう」のつく3文字以上の言葉を考えなくちゃいけないステージで
ちょっとストップ

「くう」の後に一文字つけて3文字の言葉となると
「くうき」しか考え付かなくて困る

とか
ダラダラプレイ継続中
タグ:DS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。