So-net無料ブログ作成

XBOX360 アサシンクリードII シークエンス7クリア [ゲーム]

やれることを一通り終えたのでサクサクイベント消化

二段ジャンプで高いところへ行ける様になりました
これで建物登りが楽になりました
死亡率も格段にたかまった気がします

最後の暗殺はついつい超高い所から飛び降りたけど
なんとか生き延びたので必死に殺害
なんか落ちてきて痛みをこらえて暗殺とか
ちょっとどうかと思うね

しかも死を前にした相手に優しい言葉をかけるんだ
自分も瀕死なのに

クリア後は当然にシークエンス8に

ビューポイントつぶしと
宝箱つぶしと
羽集めをコソコソと進行
なんか警戒ポイントが多くて
大虐殺したりもします
怖い

墓所があるみたいだけど警戒エリア内?
入れるのかわかりません
先にイベントこなした方がいいのか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DS ドラクエVI アークボルト [ゲーム]

散々さまよった挙句
どうやら次の場所はモンストルの東だったという

普通に船でいけました

アークボルトで棺桶をひきずって歩くテリーと遭遇
見た目も登場時の無闇な強さも
完全にトランクスです

城の強者と戦い続けて棺桶を手に入れて
西の洞窟を潜ると
最後の場所でテリーつえぇイベント

とりあえず先に進めるようになったので
たらたらと移動を続けます

魔王を倒しても世界は平和を取り戻したわけでもなく
かといって危機感もなく
という微妙な空気が流れています
この微妙な感じがいいんだけどなドラクエVI

熟練度はレベルが低い敵相手だと上がらないとかで
主人公が全然スキルを覚えません
慎重にゲームを進行させすぎてレベルを上げすぎたようです

主人公レベル27

タグ:DS ドラクエ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

日清 レッドカレーヌードル [生活]

ファミマで購入

日清の辛いラーメンといえば
とんがらし麺という何故かコンビにでは売られない
名シリーズがあるわけで
基本的にははずさないカップヌードルブランドで出る以上
ある程度の期待して食いました

うまい

なんか間違えて湯が少なめになってしまったのだけど
結果的に個人的流行真っ最中の高粘度スープとなり
それがまたうまい

食ってすぐに辛味がくるわけではないので
罰ゲーム的な辛さを期待して食べる人にはお勧めしません

コクのある赤辛スープと書いてありますが
正しいと思います
タグ:カップ麺
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

追い抜きって競技名 [ニュースを見た]

オリンピックで3つ目の銀ですが
ヤフーの見出しで追い抜き 日本女子が銀メダル
とか書いてあるのをみて
どっかを抜いて銀を取ったとか勘違いしてまして

スピードスケートの競技名だったみたいです
追い抜き
ってなぁ?

もちろん国際競技なので
パシュートって名前もあるわけで
なんでここで日本語化してるのかが
ちょっとわかりません

日本が発祥の地だったりすればオリジナルなんだから
という理由で日本語のままにする意味もわかりますが
トリノからの新競技とのことで
そんなに歴史も無いんじゃないか
と思ってググってみたところ
そもそもチームパシュートという競技形式自体は古くからあったようです

確信的な情報は見つかりませんでしたが
自転車競技に古くからあったから
日本では団体追抜という日本語名があった
くらいの理由みたいです

団体追抜と書いてくれれば字数も同じで競技名に見えるから
そうして欲しいけど
疑問を持たせて記事を読ませるのが目的のYahooニュースだから
クリックした方の負けなんだな

Wii 斬撃のレギンレイヴ 6までクリア [ゲーム]

ステージごとの刻みが短くて助かります

難易度ノーマルはかなりイージーで
道に迷っている間に狂戦士が敵の一部隊を殲滅してたりします
狂戦士を自称してるのがすごいなレギンさん達

それにしても大剣が気持ちよすぎて
他の使う気になれないというか
弓矢とかまだるっこしくてやってられんよ
あれはマルチ以外でも使いどころがあるのかな

大きい巨人だーとか叫んでて二重表現みたいで笑えるけど
巨人族にも大小があるので間違いではないです
大きい巨人は部位破壊もできて楽しいです
しかも切っても切っても再生するから
切り放題です

次はキャラでステージ分岐するみたいなので
お嬢さんの方でまた最初のステージからやりなおしてみようか
剣しか使ってないし
弓矢をちょっと触っただけだし

Wiiのゲームは基本的にさらりと遊べていいんですけどね
マリオとかより簡単じゃないかと思うけど
切り刻むのが嫌なんでしょうね
タグ:wii
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

エースコック スーパーカップ大盛り ぶた肉いり塩焼そば [生活]

ファミマで購入

ガッシリ3Dめんというのは
実際の食感よりもネーミングの素晴らしさを評価
基本的に油揚げ麺の焼そばは
気持ち悪くなるので避けるのだけど
ついつい買ってしまうという

カップ焼そばは太りたい人には最高のカロリーを誇るので
注意しないといけません

味はだから普通のカップ塩焼そば味です
たまに食うならいいけれどってなもんです
タグ:カップ麺
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画 SRサイタマノラッパー [映画]

タマフル映画イベントで
去年観損ねたこの映画を
ようやく観ることができました

埼玉でラップする若者の生態映画

SRサイタマノラッパー

去年の宇多丸さんのベスト映画です

ちなみに
もう一本の
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」は
すでに去年の公開時に観ていたのですが
その時は後半ちょっと寝てしまったので
今日は前半寝て後半を取り戻しました
いつも体調が変な時に見ることになる作品で
通して観られません
映画のせいじゃなくて体調のせい

それはさておき

会場はプラチナチケットだからもちろん満席
席は普段の自分ではまずとらない中央席
映画チケット運はいつもいい気がします

しかもおそらく
映画をそれなりに観てるっぽい人たちです

映画開始前に後方席に移動するMCを見送るために
振り向く男達のめがね率の高さ辺りに
強いAMラジオ感が見受けられます
落ち着く

というわけで映画ですが
さすがに師匠のように号泣には至らないものの
キャラの立て方が綺麗で
普通に楽しかったです

しかも
この映画を愛してやまない人による
前説と後説があるわけで
これが楽しくないんなら映画なんかみなきゃいい
とか思います

というわけで解説された通り
気まずい空気体験映画としては
実によくできていて
最初の映画評時からあげられていた
役所でのシーンにおいても
細かい上げ下げがいたたまれなくて
テンションで乗り切ったと思ったら
本番はその後にあったとか
実に嫌がらせがセンス良く配置されてて
いい感じでした

普段からラジオでの映画評を聞いて
あれだけ色々言う人がベストにあげるんだから
さぞかし面白いんだろうな!
とか無駄にハードルを上げると
そうでもないとか言い出されかねませんが
逆に言えば
これでいいのに
変な風につくる映画が主流だったりして困る
というんじゃないかと思います

まあ制作して発表するんなら
売れればどっちでもいいんでしょうが

普通に面白い映画を求める人にお勧めです

いわゆる最近の邦画で流行の
記号描写連打における感動コードは
それほど使用されていない
というか全く使用されていないので
泣ける泣けないで映画を判断するタイプの人は
別に観なくていいと思います

勝手に感心したところとか
ネタバレ含みの感想は以下

P1000043.jpg


最初の方の倉庫での主人公たち描写シーンで
いきなりメンバー間の力関係と
それぞれのキャラクターとラップスキルが
ざっくりわかります

たくさん人が出てくる映画で
ましてやグループを扱う映画で
普通に期待される個人の描写がちゃんとしてて
それだけでうれしくなります

その後も愉快な場面がテンポよく切り替わり
主人公のキャラ掘り下げと
彼らが過ごしている町の風景の掘り下げが
ズンズン進んでいきます

全員の方向や熱量が
どうやらちょっと噛み合ってない雰囲気とか
細かい描写がいちいちいい感じに気持ち悪くて
素敵でした

ただ当初予想していたより
ずっとラップもしっかりしてたのが
なんだか拍子抜けだったのですが
ラップの出来が普通に悪い所からスタートだと
単なるスポ根フォーマットにのっかるだけの
よくある夏の邦画青春ものみたいに終わってしまうので
あれくらいは当然できる
という設定で正しいと思われます

そもそも物語として
一応決定したライブに向けて動く
という目標があるものの
時間を費やしても費やしても空転感ばかりで
ちっとも進行している感じがありません

しかも
ありがちという程ではないけれど
なんとなくありそうな事件に振り回されて
最終的にグズグズのまま終わりそうな流れで
最後のまさかの不自然シーンにつながるわけで
その唐突な衝動の発露っぷりに
おまえ等そうなる前にちょっと話し合えよ
とか思うのだけど
そもそも最初からちゃんと言葉で確認し合わないまま
雰囲気で進んできたからこその挫折であり
その挫折で初めて表現の入り口に立つ理由を得た
という風にも見えるので
やっぱりあれは感動的な場面なんだと思うわけです

□□□に加入した時のいとうせいこうさんのラップは
彼の影響をうけたスタイルということで
なるほどどっかで聞いた感じだと思った
とかボンクラな感想を抱きました

とりあえずトムくんの流されっぷりが最高で
彼のそれまでの頼りないキャラの積み重ねが
最後の場面の叫びの重みにつながってて
本当にキャラクター映画としては実に真っ当で
気持ちのいい映画だと思います

ところどころで
なんだよ
という間がいっぱいあって
どうやらそれこそが気まずさ描写ということです

自分がやっていることが見えてない
という事を周囲はばっちり見ている
という事に急に気づいてしまう感じの
あの足場が急に悪くなったみたいな
ぞっとする感覚を何度も味わいながら
それでもその表現を選択するという意志の物語だから
続編で彼らが旅に出るのも必然です

もうマイナス要素を全部引き受けた上でなお
あのスタイルをやっていくことを決めた二人
ということで続編にちょっとだけ出る二人の今後に
注目していきたいと思います

監督が今後
違うタイトルの映画を撮るときでも
彼らがそこにいて欲しい感じです
全都道府県での武者修行宣言もあるわけで
期待しないわけにはいきません

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

XBOX360 アサシンクリードII シークエンス7途中 [ゲーム]

ヴェネツィアの区画の一つだけだけなのに
イベント盛りだくさん

とりあえず謎の盗賊一味の女盗賊を助ける
軟派展開がイタリアイズムってこと?
誤解?

暗殺ミッションつぶしと
宝箱回収を完了させつつ
目的が一致した盗賊団だかの仲間を解放したり
いろいろと忙しく水の都観光です

やたら川に落ちるけど
死ぬよりはマシか

盗賊団解放イベントで
逃げる途中に二人ほど溺死したのは内緒だ
泳げない人もいるんだよ
アルタイルみたいに
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSP ファンタシースターポータブル2 8-1 [ゲーム]

8-1
自分ができる子という事を隠すことを止めたエミリアは

転送レートを逆算すれば、コンフリクトせず
処理を行えるから、大丈夫だよ。
とか
並列演算しながらついていくから
とか
別にそこまで詳しく聞いてない
というセリフを多発しだします
隠すことを止めたらアピールする
相変わらずの注目を浴びたがりな性格です

期待にこたえてクラウチやユートが
すごいすごいと言うイベント
調子に乗ったエミリアが何かが大変だと
さらなるアピール

とにかく自分の苦労を声高に主張します
簡単に自分の価値を上げたり下げたり
面倒くさいヤツだな

ちなみにユートが自分の疑問を
クラウチとエミリアにぶつけますが
もちろん雑に扱われます

プレイに入るとまたいちいちエミリア保護要請
スイッチ係として使えばいいって事ですね

途中でユートの疑問爆発
クラウチの言ってる事わかる?
とプレイヤーキャラに質問
って死がどうこうとかいう話?
わかんねぇなぁ
と回答したらわかってるはずだ
とか勝手な決めつけ
まぁいつも通りです

一つだけヒントをやる
死に触れて強くなったヤツってのは
むしろ「死ななかったヤツ」のことだ。

とかクラウチのボンクラヒント
いやだって死んじゃったら強くなれないでしょ
死んでんだから
当たり前の事を勿体つけて言うのも
まぁいつも通りです


クラウチがエミリアをお姫様って呼んだ
皮肉?
いやいや本心でしょう
こっちだって決め付けてやる!

中間イベント

クラウチのほのめかしと
エミリアの得意げな計算披露のせいで
イライラしたユートが懲りもせずに
突っ込んでいってピンチ
また?
シナリオのパターンが少ないから
似た展開がすぐ出てきちゃいます

しかも「バカユート」
とかピンチの人間をバカ扱いのエミリア
これ言うの何度目かなあ

怖いよ

そしてユートが捕まっているのに
二匹で登場した怪物の一匹が囮とか小賢しい
とか小賢しいコメントをする人でなしクラウチ

助けろよ的な展開の中で
わかってるけど
簡単には通してくれないようだぜ
とかバカコメントクラウチ
べらべら喋らずになんかしろよ
ってかプレイヤーキャラクターがずっと沈黙ですが
また肝心の場面で傍観ですか
死んでしまえ役立たず

死んだらゲームオーバーだ!

そして死にそうになってるユートにクラウチが
何をするかって

言葉で挑発?

その言葉を受け
死にそうなユートが思い出すのは
エミリアの事ばかり
いやいや
村の仲間達はどうした?
イベント絵がないから思い出せませんでした
って?
そこに凝れないから安いシナリオなんでしょうね

本当のピンチに手をさしのべないで
言葉だけでなんとかしようとするクラウチは
確かに生きて戻ってきそうです
強い強い

死にそうなピンチのユートに
無責任にもそこから死なずに戻れと言い出します
すげぇ
あきらめんなってさ
あきらめてるのはどっちだ?

でもまあゲームのシナリオですから
僕は…生きる!
でピンチ脱出!
簡単すぎる展開
これでいいの?

できるはずの手助けもせず
本人が謎力で脱出するフリもなく
根拠のない勝手な励ましで謎の力が発動して助かって
結果オーライって面白い?
しかもこのイベント中プレイヤーは完璧傍観ですよ

あげくユートの兄の台詞の謎解きが
生きたいと願う強さ
って結論ですよ

あのね
普通に生きてる人は死にそうな場面にきたら
生きたいと願うもので
それはわざわざ言葉で伝えるほどの事じゃないです
なんか死んで強くなる少年漫画の読みすぎで
当たり前がわからなくなっちゃってるんだと思われます

プレイヤーキャラクターは
この圧倒的なボンクラパーティーに
選択肢で無理やり参加させられるバカ展開

ピンチとかでは一切存在感を見せず
どうでもいい場面でピントのずれた会話に強制参加
という存在です
こいついらんじゃん

最後は
仲良しクラウチとエミリアの学者に対する偏見トーク
詰め込まれた知識を
ちゃんと使う能力がないのを棚に上げ
他人に部品扱いされたと文句を言います

今の仕事は好き
とか言い出すエミリア
あれだけダラダラやってても許されるから
そりゃあ好きなんでしょうね

みんなが自分を見てくれるから
部品じゃないから
ってお前それは仕事じゃなくて環境の話じゃねぇか
そんなに注目されたいなら
アイドルでも目指せば?

ああごめん
ちやほやしてもらうばかりじゃないから無理か

さて
計算の結果
実際進んでみるのが早いと思う
とエミリア


苛ついたユートと同じ結論ですが?
謝れよバカ呼ばわりしたユートに
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DS ドラクエVI ダーマと町の勇者勧誘 [ゲーム]

魔王を討伐したら
魔王に封印されていたダーマ神殿が復活して
転職が可能になりました
なるほど

早速適当に転職

船も貰ったのでフラフラと海に出ますが
これ内海なんですね
閉じた海

とりあえずいける場所に行ったら
ローカル勇者アモスの話題でもちきりでした
夜にはあんなことになります
ヒントを貰って問題を解決すると
なんと仲間になってしまいました

ここの人にこんなに慕われているのに
ずっと町のガーディアンとしてやっていけばいいのに
仲間そんなにいらんですよ
でも断れないみたい

今は海をさまよい中
上世界への階段とか
眠りっぱなしの門番とか
閉じた水門とかを発見したけど
どこも先へ進めません

他にどっか行けるんだろうなあ

主人公レベル25
タグ:DS ドラクエ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。