So-net無料ブログ作成
検索選択

docomoショップで電池パック交換 [生活]

行ったらすぐに案内されて
椅子に座って電話番号入力
名前記入
携帯のネットパス入力
とかさらさらしてたらそのまま無料で交換

手馴れたサービスでした
たいしたもんだ
と感心したので書いてみました

その後1000円カット
いつも行く1000円カットのお店は
実際は980円カット
一応パーマもできる美容室扱いだからか
細かく注文を聞いてくれるし
後ろの方をすっきりしたい
という抽象的な注文だけで
いろいろと調整してくれたりと
こちらもコストパフォーマンス的に過剰なサービスです
たいしたもんだ

隣の若者が雑誌を片手にミリ単位の注文してて
相談しながらカットしてました
これでも980円?
凄いよ

サッポロ一番 中華そば青葉 新味ゆず風味 [生活]

セブンイレブンで購入

強力なゆず風味

醤油ラーメンに入ってくるほのかなゆず味が
なんとなくいけすかねぇ
という下らない理由で嫌いだったりしますが
ゆず胡椒で餃子を食べるのは好きだったりと
微妙なポジションではありますが

うまい

青葉のWスープを殺す勢いで足されるゆず味
爽やかで濃厚という狂った味わい
これはうまい
スープごくごく飲んじゃう勢い

ゆず嫌いな人は止めておいた方がいい

タグ:カップ麺
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昼寝ではよく夢を見る [生活]

朝帰りだったので
帰宅してから昼寝

面倒な夢を見た

なにやら必死で説明していると
ポロポロと弱音を吐く人がいる
顔を見ると歪んじゃってて参っているみたい
その後もいろいろ
これみよがしに弱りアピールをされる

さて
どうしたものか

と思っていると
突然他の人が切れだした

ますます面倒になる状況の中
必死で宥める

という夢

夢というのが自分の脳内で作られているとするならば
あの面倒な2人はすなわち自分という事になるのかどうか

ああ
面倒な話だ

映画 アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [映画]

Perfumeという3人の20そこそこの女の子達が
横浜アリーナの1万2000の客をガン上げする様を
目の当たりにした興奮をそのままに
六本木まで映画を観に行ったのは
単純にこの映画がレイトショーしかしてないから
休日前にしか観られないし
土曜の夜は翌日が映画の日で
一日映画を観るつもりなので
夜更かしできないから


この映画を観ようと思ったのは
かつて栄光を味わったメタルバンドが
ビッグになりたいという夢を
50になっても捨てられないという流れに
生死が直接かかわらない「レスラー」が
観られるんじゃないか
とか
もっとすっきりと「レスラー」を観たい
とか
そういう強い欲求があったから

アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち~

副題とかいらないと思うんだけど
ないと内容がさっぱりわからなくなるから
仕方ないとかそういうことでしょうか

深夜とはいえ六本木
10人以上は入っていました
いつも行くような映画館のレイトショーより
ややテンション高めの客層

内容は最高
というかみっともない元成功者を
悲しくも笑える
くらいのテイストに料理するかと思いきや
普通に泣いちゃうよこんなもん
いや
涙は流さなかったけど

メタルには音楽的に共感できないし
それは映画を観た後でも変わりませんが
別に嫌悪感があるわけでもなくて
その程度の興味しかない者として聴いても
本人達が傑作だという最新曲は
普通にちゃんとかっこいい音として聴けるし
映画内の地元大手レコード会社の偉い人が言うほど
時代に合わないとも思えないというか

というか最初に言うべきはメタルの話ではなく
「レスラー」とは違うということです
雰囲気だけで判断しちゃいかんです
ドキュメンタリーだけど
いや
ドキュメンタリーだから?
ずっといろんな要素が絡んでて
ずっとポジティブな空気に包まれています

いや
観る側の環境のせいかもしれない

ともかく本当に音楽しかできないタイプの
パーソナリティーという
ヴォーカルにしてギタリストであるリップ
激しく振れまくる感情の浮沈を観るに
こいつは死ぬまでロックし続けるなあと
ワクワクする気持ちで一杯です
カッコいい

日本人でジャンルにこだわらない音楽好きを
自称するならば
ほとんど義務的な意味も込めてお勧めです

単に転落物語を笑っちゃうつもりで行くなら
勧めはしないけど楽しめるかもしれません
ただ
彼らの強がりの何パーセントかは
単なる強がりじゃなくて本心なんだと
勝手に確信しているので

それを笑って済ませるような人は多分
友達にはなれない人なんだろうと思います

というわけで
個人的な鑑賞タイミングのせいで
なぜかPerfumeについても語りつつ
本当のオチも含めたネタバレ込みの
バカ長い感想は以下

200910310146000.jpg


Perfumeはアイドルなのでメタルと違って
いくつになっても続けられるかどうかについては
どうしても疑問を持たざるを得ないのです
本人達もいつまでも続けるというコメントは
ところどころで出してはいるものの
求めてくれる人がほとんどいない状況で続けることは
どうやら本意ではなさそうで
だからファンは熱狂を伝えるために必死です


アンヴィルはその熱狂を味わったが故に
そのまま30年という長期にわたりバンドを継続し
しかも大半を失意のままに過ごしている
という切ない状況に陥ってるわけです

なにしろメタルファンでなくとも
名前は知ってるメタリカだのガンズだののメンバーが
最高だの影響を受けてるだの言うバンドですよ
それが成功しないという
解散したわけでも
ヴォーカルが死んだわけでもないのに
どういうこと?

とはいえ
最初に映し出されるバンドのキーマンである
リップスは給食センターで働いてて
車のハンドルを握りつつ
ひたすら給食メニューのローテーションについて
語ったりしていて
とてもじゃないけどロックスターには見えません

こいつはダメかも?

この物語には最初は
ダメになっちゃってるのに気づいてない男
を観ているような気分で入り込みました


彼らは昔の輝かしい記憶だけを抱えて
停滞を続けていたわけではありません

端から見ればブームの過ぎたジャンルで
同じ事を続けているだけに見えるかもしれませんが
彼らの中にはどうやら確信的に続ける意味が見えていて
ただひたすらそれを追求しているようなのです

間違いなくミュージシャンです

普通の仕事で金を稼ぎ
週末のライブを楽しみにしているバンドマン
それだけの話ならわざわざ映画で観る必要はないのです

問題は彼らに過去の栄光だけでなく
尽きることのない情熱があったということです
今の生活で満足することだってできるはずです
地元ライブハウスでの誕生日ライブは
暖かいファンに囲まれて実に楽しそうです

ところが夢はロックスター・ビッグサクセス

可能性を求めてメール一本でつられて
カナダからヨーロッパツアーにでかけます

可能性は情熱しかない女性マネージャー
ハンパない勢いでへまをしまくります
電車に乗り遅れ道に迷い
余計な金を使うことになったり
ギャラがシチューだけになったり
おかげでバンドのテンションは急降下です
なにしろ10000人入る会場で150人を前に演奏です
新宿ロフトレベルか?

繰り返されるトラブルに殺気立つメンバー
切れたり宥めたり切れたり許したりするリップ
なんかこいつ本当にいい奴なので
この辺からひたすら成功を願うばかり

思い返すに低迷したのは
音へのこだわりがアルバムに反映されてないからじゃ?

反省した彼らは全盛期の頃のプロデューサーに連絡
再び組んでアルバムを作ることにします

何しろメタルのプロデューサーなんて知らないので
この人が悪人だったらどうしようとか
制作者が意図していないようなサスペンス要素を
勝手に盛り込んでドキドキする鑑賞者です
頭が悪いね

どうやら音自体は評価してくれたみたいだけど
アルバム作るのに200万ほどいるとかで
彼らは困ってしまいます

なんと
200万も払えない?
円でしょ?ドルなの?

金のためにファンの紹介で
テレアポのバイトをするリップ

けれど音楽バカにありがちな
生真面目な性格にテレアポは無理です
すぐに断念

でも
アルバム制作は
今やらないとダメなんだよ

様々な周囲の期待を
何より10代からずっと一緒だった
ドラマーの友人の信頼という
50のおじさんには過剰で突飛な責任を
それでも背負って夢を語るのっぴきならないリップ
この時点でもう泣いてます
勝算もないどころか
敵がどこにいるかも
戦場がどこにあるかも知らされないまま
栄光に向けての戦いを決意する様を
涙なしに観られるかって話です

結局肉親の協力という超裏技でレコーディング開始
とはいえ
10代の息子のデビューのために金を出すのとは
わけが違います

なにしろ50代で13枚目のアルバムです
目の前に死体の山が見えてる状態で金を出すのです
狂気の沙汰ですよ

順調に行われるレコーディング
プロデューサーともいい感じ
そんななか唐突に親友同士の喧嘩勃発

この奔放な天才型人間と堅実な補佐型人間の
奇妙な友情は壊れてしまうのか
堅実ドラマーがほとほとまいったという様子で
奔放を受けきれないという話の最中
天才が謝罪をします
とはいえ
ちょっとの反論に火がついて
結局また喧嘩になりますが
ほとんど痴話喧嘩です
いちゃついてんのかガチ喧嘩かわかりません
もちろん最終的には仲直りします

そして完成するニューアルバム
本人達も納得の出来です

扱ってくれるレコード会社がない

どこにCDを送っても反応がない
地元のEMIは会ってはくれたけど
バンドの音が合ってない
と言います
時代とか会社の方針とか
そういうものに合ってないんだって
音楽家が新しい価値を提示せずに
時代の顔色うかがうようになったらおしまいだろ

結局自分達で大量にプレス
ファンに直接売ることにします
ミュージシャンは全員そうすべき
とか言い出します
誰か彼らにiTunes教えてあげたらいいのに

ツアーに続いて明らかに失敗に見えるアルバム
しかしツアーはやってよかったと言うし
アルバムも納得できたから成功と言います
甘ちゃんの強がり?
単なる見栄?
全部正解だとは思います

つまりそれが彼らの音楽の本質です
全くぶれてません

さて
ここまでの彼らの苦闘を観ていて
激しく彼らを応援しつつ
ずっとイライラさせられている点がありまして

なぜ日本でプロモーションしない?

ヨーロッパツアーに現れた日本人は
日本にはファンが多いから来てくれ
と言いますが彼らは笑ってきいています

日本人の音楽的雑食性はハンパないです

熱狂の度合いは外国人には遠く及ばずとも
とりあえず口に入れてそれなりに食らって
気がつくと何となく消化している
という文化雑食ぶりをなめちゃいかん
と思っていたのですが

彼らに舞い込む東京での仕事
LOUDPARK?
ヘビー音楽のフェスですね?
アンヴィルは
ほとんどオープニングアクトの扱い
彼らは怯えます
昼間っからフェスに客は来るのか?
広い会場で少しの客とか嫌なんだ
彼らのポジションは
2007年のPerfumeのサマソニみたいなもんです
つまり
日本の客は熱狂でもって彼らを迎えます

日本のメタルの客層のなんか異様なリアルさ加減が
非常に泣かせます
アンヴィルの苦労とか知らずとも
盛り上がる日本のメタルキッズ達
誇らしいくらいの気分
というか苦労を知っていたら
さらに盛り上がるだろう
というか合唱もしてたから
ちゃんと知ってて盛り上がってたのか?

本当にこういう日本は素晴らしいな

別に日本のライブで暖かく迎えられたからといって
彼らはビッグになったわけではないです

とはいえ
既にニューアルバムの制作にとりかかっているという
彼らは変わることなくビッグを目指し続けています
日本で盛り上がってたからいいや
という感じではなさそうです

これはもしかするともしかするのか

18そこそこの小娘達が次第に自信をつけていったように
50代の彼らが再び単独でアリーナを一杯にするような
そんな奇跡が起こったら
とつい夢の一部を引き受けちゃいそうになる
楽しい作品でした

気になっていた
映画内で扱うレコード会社のなかった13枚目ですが
日本ではソニーミュージックが扱ってるそうです

いや
買いませんけどね
って音楽自体は本当に趣味じゃないんですよ
カッコいいとは思いますけれど

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR@横浜アリーナ 最終日 [音楽]

インフルエンザのせいで早退がかなわず
人身事故のせいで電車もやや遅れ
涙目で途中参加の最終日

ファンクラブはおっさんファンにも優しくて
アリーナ前方の
非常に観やすく踊りやすい位置を
今回もプレゼントしてくれたのに
到着したのは最初のMCの後半

一番彼女らが近づいてきてくれる時間は
もう過ぎていました

いやいいんだ
踊りに来たんだ
こんないい席だからついちょっと
手の一つも振ってみようかと思ったけど
きっとキモがられて終わりだから
かえって良かったに違いないんだ

酸っぱいブドウの論理については
かなりの使い手と自負しています

とりあえず
最終日の長い感想の前に写真挟んどきます
前の同所のライブでの上戸彩からの花で驚いてたら
なんと今日はGLAYから花
どういうつながり?

2009-10-30_22-05.jpg


さてありがたいことにファンクラブ当選分は
なにしろ毎度の隅席なので階段にはみ出て
踊れる踊れる
途中からでもedgeに間に合えば大丈夫

つかSpeed of Soundを休憩時間にするとか
なんて勿体無いというか贅沢なお客様たちだろう
MC中以外はずっと変な踊りを続けていました
周囲の人には申し訳ない

ツーステップも余裕です
というか
いつの間にかサバイバルダンスに伴奏ついてて
びっくり

今回横浜4日間で唯一行かなかった昨日に
ジョジョ立ちトークがあったとか
悔しい思いもありつつ
今日も楽しくて圧巻でした

広いアリーナのステージ上で
スポットライト浴びてんのは3人だけとか
すげぇ胆力ですよ
アリーナのど真ん中でシェーを繰り返すとか
すげぇ胆力ですよ

そして今回最大の衝撃は
アンコール後のMC
ツアー終了ということで
恒例のスタッフへの感謝の言葉も
関わる人間が多くなっていることで
ものすごく長くなってて面白いくらいでしたが

唐突に語られるツアー前の事件

事件?
熱愛発覚って事件なのか?

とかはともかく
アルバム発売前だったし
ツアーチケットは発売後だったしで
どうやら本気で
アルバムは売れないしツアーは失敗だと
深刻に悩んでいたらしいのは
発売日あたりのラジオジャックの各番組中の
彼女の異常なローテンショントークからも分かりますが
それをわざわざ語るという

わざわざファンクラブサイトで
コメントを出したときも
わざわざコメント出しますか
と驚きましたが
まだ伝え足りないか

そこに責任を感じるというのは
自分たちが所詮アイドル人気のグループだ
という認識があるからなんでしょうか

仮にそうとして
その認識は必ずしも間違っていないと思います
少なくともここにいるおっさんは
音楽的に好きなバンドとかとは
全く別の楽しみ方をしていますから


上の説明で間違っている部分があるとしたら
所詮
という部分で
とうの昔に過去のアイドル定義はグイグイと
拡大されて新しい何かが開拓されているのです

具体的に何が起こったのか説明すると
熱愛発覚した時のファンの振る舞いなんて
掟x宇多丸対談で既に提示されてる問題で
覚悟を完了した人類は困難を乗り越えられると
いうプッチ神父の難解な理屈が
体感できてむしろラッキーってなもんです

つまりジョジョは役に立つって事ですね

だてにメンバーの一人がジョジョにはまってないですよ

一人ってのが良くできてます

ということで
夏の事件…事件?に落とし前をつけつつ
12月のライブ写真集
1月のライブDVD
来春のファンクラブライブハウスツアー

先の予定があるって素晴らしい
という
不況にあえぐ社会人なら痛感している事を
改めて伝えてくれました

日本は不況で
どうやら明るい未来も見えてこないけど
今ある仕事をちゃんとがんばって
先につなげないとな
ってすげぇ普通の結論ですよ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マルちゃん ガンボヌードル [生活]

久しぶりにまったく味の予想がつかないカップ麺
ファミマで購入

パッケージには写真は一切無し
オクラの絵と商品名

蓋の解説によるとガンボというのは
ニューオリンズの郷土料理
オクラを使ったスープだそうです

オクラを使ったスープって?

とりあえず最初の一口の感想

青臭い味がする

日本のカップ麺としては最高レベルのクセのある味
これ嫌いな人は食えないんじゃないか

この草っぽい感じが許容できるならボチボチ

個人的にはクセのある味だけど
クセになる感じではありませんでした

挑戦するというスタンスは賞賛
変わったカップ麺をどんどん作っていきましょう
マルちゃん
期待してます
タグ:カップ麺
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドラフトには菊池しかいなかったわけじゃないんだ [ニュースを見た]

ワイショーじゃあ菊池君への交渉権は西武
とだけしか伝えません

一回だけ筒香くんの横浜入りを伝えてくれたけど

将来性を期待される投手が西武入りなのは
なによりです

若い投手の育成能力には定評がありますから
1人くらい横浜に回してくれんかね
育成済みの奴

いや
工藤じゃなくて

いや
工藤でもいいんですけど
球団がいらないとかいいやがるので

女詐欺師の写真 [ニュースを見た]

テレビじゃでない顔ですが
昔の写真スポーツ新聞が掲載


これは本当なのか?

というか
女性は化粧で変わるというので
今はどうだか知らないけれど

顔の事をどうこういうのは最低ですよ
とあらかじめ断った上で敢えて言いますが
あだ名は「ゴン太」ですよね
これ

そうか
これでも結婚したい男性というのがいて
金を搾り取られてしまうのか

それは切ない

もてない男が
それでも結婚したいとなったら
金は一番の武器なのに
それを奪われるって酷い話です
仮に自殺だったとしても
詐欺を認めてんなら個人的には殺人認定したい気分

この人の裁判の裁判員選びは大変だろうな
詐欺の場合は対象にならないんだっけ?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

イロモネアの東京03 [その他の時間つぶし]

なんか有名司会者に酷く怒られたとか
かわいそうな噂が飛び交う東京03ですが
サイレントで作りこまれた間で笑いを取るとか立派

客によっては全く反応されない可能性もあったのに
大したもんです

単に時間なんか気にしてないだけかも
どうせ駄目だと最初から諦めていたからかも

でもどこまでも自信の無い感じが面白かったから
意外とテレビでもいけるのかもしれない

今日の横浜 2009年ドラフト [プロ野球]

菊池君は最初から眼中ないですよ
あんな日本の至宝を腐らせちゃったら怒られるし

というわけで
横浜高の内野手長距離砲ね
筒香と書いて「つつごう」くんだそうです

はい
和製大砲育てるのには定評のある横浜ですから
任せといてください

あとは全部投手
当たり前

2位の加賀繁さんは社会人から
サイドハンドのスライダー持ち
あとフォークとシンカーも
まだ伸びしろがあるとの事ですが
投手育てられるの?

3巡目は安斉 雄虎くん
名前がかっこいい「あんざい たけとら」って強そう
武将みたい
190cm
将来元プロ野球選手の肩書きでK-1とか出てたらどうしよう
何年先の心配してんだ

4巡目は眞下 貴之くん
苗字は「まっか」と読むそうです
今回難読選手多いな
球の速い左腕ということで
今回一番の期待です
頼む
成長してくれ
とか大雑把な願い

5巡目は福田 岳洋さん
おぉ四国ILの香川から選手取ったよ
素晴らしい
しかも京大大学院休学中?
なんでこんなに学歴に弱いんだろうな
横浜ベイ

育成選手は2人
アメリカクォーターの194cm国吉(くによし)くんと
入団テスト唯一の合格者という小林公太くん
小林公太?

すげぇ

普通の名前だ

みんな頼む
成長してくれっ!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。