So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 ゼロ・グラビティ [映画]

絶賛が多いのと
IMAXでみられる劇場が割と近かったので鑑賞決定

最初観にいった時は売り切れで見れなかったよ!

ゼロ・グラビティ

年末休みの時期ということもあって
やっぱりほぼ満席!

いやー
面白かった

話だけ見ると短編小説みたいな内容で
実際時間も90分台だったような気がしますが
それでこの満足感!

これぞ映画の楽しみ!

でっかい画面で暗い映画館で見てこその臨場感!

もう観てて何回足をぴーんと突っぱねたか
足場があってよかった!

足場のない不安をあんなにリアルに体感できると
もう宇宙なんか絶対行きたくないわー
っていうw

もの凄く遠くに感じる宇宙ですが
この映画で観ると時間的にはその距離はそれほど感じなくて

もちろん宇宙空間でのやりとりも
人間同士だから地上となんら変わりなくて

でも
ささいなことがままならないとか
とにかくちょっとの事が大事になるピンチ感の描写がハンパねぇ

原題はグラビティみたいですが
とにかく重力があれば別にどうってことのない
物を手放す
という行為の重みがすげぇことになってて
このサスペンスだけで足突っ張るっていうw

デート映画としてもいいんじゃないですかね
隣にいる人をしっかりつかんでいるんだ!感が
かなり強まると思います

機能性も高い!

というわけで
ネタばれこみの詳細感想は以下

DSC_0083.jpg

最初に話を聞いた時は
宇宙空間に放り出されるという事だったので
もういきなり絶望しかないじゃん!
と思うわけですが

もちろんただ放り出されただけで終わるわけもなく
ちゃんと救援者は現れます

ただ
この手の映画の大事なポイントとして
安心させすぎない
というものがありまして
とにかく常に不安定

希望と不安が常にセットで提示されるので
観てる間中緊張しっぱなしです

あと
ホラーでも好きな演出として
平和な日常がすぐ近くにあるのに
主人公は絶望的な状況
という嫌なシチュエーションがありまして

今回
美しい地球を目の前にしての絶望
というこの映像のインパクトがとにかくたまりませんw

終盤の交信シーンもそう

自分もよく知っていたささやかな日常の価値が
絶望的な状況の中で
ぐんぐん高まっていく
けど
もう取り返せない(かもしれない)
という精神的嫌がらせを与えてくれる映画が大好きです!

そこからのあの展開も本当に燃えるものがあって
たたみかけるあたりとか
もう手に汗握るをリアルにやってしまいました!

いやほんと面白かった

エンディング観た時の一番の感想は
タイトルはグラビティの方がよかったなー
でした!

追記
観た人にはわかるスピンオフ

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

KRAWLUSS

過去のTHE EYE OF JUDGMENTの記事を見ました。
最近公開されたConquest of Champions というゲームはEOJファンなら、きっと好きになると思います。 一度試してみてください。

by KRAWLUSS (2014-07-23 04:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。