So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 R100 [映画]

松本作品は全部観る
と昔心に誓ったような気がするので
悪評多すぎて心折れかけたけど
鑑賞決定

なんかMがどうとか?

R100

そういえばどんな映画
さっぱり知らずに
なんとなくSMがどうこうってイメージしかなかった!

客席は閑散

座席指定じゃない映画館に早めに行ったら
並ぶならそこだけど並ばなくても座れるよ!
とか言われたよ!

座席選び放題?

さすがにそこまでではなかったw

でもまぁ寂しい

内容はなんとなくSMがどうこうって映画?
思い返しても全然ピンときてないw

そもそも嗜虐趣味の極まりを
演技ではなくCGでやってるあたりが
映画というよりゲームの演出というか

こういう時はこういう演出でやるんで
納得してくださいね?
ってのは表現に制限があるゲームならともかく
映画でわざわざやる意味って??
とか

それでも普通の映画ではなく
独自のものを!という意志はあると思うので
今後もまだまだやるんだろうなぁと

ただまぁ面白くはなかったです

DSC_0064.jpg

年間契約で急に女王様がやってくるクラブ
という設定は面白そうだったんだけど
密かにっていうよりは公然と出てくるし
他の人がそれに対してノーリアクション
というか気まずい様子のみ
とか
寿司屋だけコントで見せられたら
それは面白いかもしれないけれど
映画の流れの中で観ると
違和感が拭えず

さらに途中からのメタっぽい展開で
先回りのいいわけめいたことを言っちゃうという
なんだかみっともないことに

わかってるんだからね!
という主張に見えるけども
映画の中でその主張しちゃうのは
物語だけで回収できないってことですよね?

映画監督?

無茶を押し通す腕力も
その場だけ騙すロジックもなく
わかってやってんだからね!という
先回りの言い訳で勝負ですか

残念としかいいようがありません

あの100歳を超えないとわからない
と監督が言っている
という設定は
評論家とかが自分の枠からはずれたものは
評価できないだろ?
という挑発なんだと思うのです

それに対して劇中で
伝わらないものなら作らなきゃいいじゃないか!
とも言わせてるのは
でもやるんだよ!
的な感じだと思うのですが
そんないいわけする前にやっちゃってる
「地獄でなぜ悪い」という映画が
同時期に公開されちゃってるっていうのがまた残念

最後がそれでも
祝いの空気に満ちてたのは
せめて良かったかなと

とりあえず偉そうな感じにまとめたり
変にしめっぽく終えるよりは
せめて明るくですよね

いや
次があるなら観ますよ

なんかしようとしてる感はありますから
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。