So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 HACHI 約束の犬 [映画]

リチャード・ギアが
はーちー
と呼びかける予告編を観る度に
なんか笑っちゃうので
もしかして面白いんじゃないかと

HACHI 約束の犬

危うく吹き替え版を観に行くところでした
それじゃあなんの意味もないですよ
はーちー
を聞きに行くんだから

客席の様子ですが
金曜の夜で1000円という条件なので
大きめの劇場がほぼ満席


まあ内容は
やっぱりハチ公物語でしたが何か?

なんとなく知ってる話を
何のひねりもなく提供されて
別に感動もなく

でも期待していた
リチャードギアは面白かったです
はしゃぎすぎだろおっさん

とはいえ
そもそも元ネタの忠犬ハチ公自体が
いい話か?
ってくらいの感性なので
秋田犬好きと
ギアのはしゃぎっぷりを見たい人
以外にはどう勧めていいんだか

吹き替え版も用意されていることから
家族映画としての位置付けかもしれませんが
アメリカンな夫婦のいちゃつきとかあるので
普通に気まずいんじゃないかとも思いますので
家族連れでいこうとする人は注意

犬映画っていうなら
ボルトにしとけ

話の核を押さえてないままに
だらだらと思うところは以下に

ネタバレもあるかもって
だからハチ公ですから

2009-08-14_19-07.jpg


子供の語りから入るこの物語は
最後もこの子の語りで終わるわけですが
ハチ公の物語から
「忠実であることのすばらしさ」
「愛する人を忘れないこと」
を学んだとか言い出します

これがすでに理解できません

死んだ主人の帰りを毎日同時刻に待つ
という行為から
「忠実であることのすばらしさ」
って学べますかね

というかこの「忠実」って何に対する忠実でしょう?
もちろん普通は主人に対する忠実さ
と解釈するのだと思います
5時に戻る
と言い残した主人の言葉を信じて
待ち続けるハチ

この行為を健気だとして感動するのは
わからないでもないですが
よくよく考えれば
犬がしているのは
今までと同じように
同じ時間に同じ場所にいる
というだけのことなわけです

つまり何に「忠実」かって
習慣に忠実なわけです
だって犬だから

犬は愚直に同じ事を繰り返しているだけなのに
まわりの人間が勝手に理屈を付けて
感極まって泣いたりするというのは
なんだか人間の勝手な理屈な気がして
乗り切れません

ハチがわかっていない様子で待ち続けて
それが不憫でかわいそう
って要素もあるかと思いましたが
倒れる日の出勤を必死に止めようとする描写とか
動物ってほら時々予言するでしょ?
と言わんばかりの流れのせいで
そういう無垢でかわいそうという見方も
難しくなってしまいました

死を予感してたのなら
何も知らずに待ち続けるという要素は
消されちゃうと思いますがどうでしょう

引き止めるに当たって
ボール遊びを要求するという行動の意味とかは
ネタフリが効いているとは思いましたが
何しろハチ公物語を知っていれば
その行為が結果を生まないことも知ってるわけで
その切なさで泣くべきだったのかもしれませんが
残念ながらその感性もなかったです

「愛する人を忘れない」の方も
結局死んだ主人だけを愛していて
自分を愛してくれる他の家族はぶっちぎる
ってのをいい話ということにしちゃうと
相手が急死しても次の恋とかしちゃダメ
という息苦しい道徳感が漂ってきて
やっぱり乗り切れません

というわけでハチ公から
何かの教訓を得ようとすると
釈然としない気持ちばかりが残ります

あと
この映画では
時々犬視点の映像が流れるのですが
モノクロの視界で幸せそうな主人を
じっと見つめる犬の世界は
ストーカーの視界をジャックしているみたいで
無闇に怖かったのでやめてほしいです

黙って見ているって怖いよ
って
ブツブツ言いながら見てても怖いか
物陰からじっと見るってのが
そもそもホラーの手法ですか

ただ
主人が倒れるまでは面白かったです
ハチが山梨の寺からアメリカに空輸される理由とか
勝手にオリジナルの裏設定を加えて
ハチの最後の行動に理屈を与えたりも
できそうです

しませんが

何よりリチャードギアの
「Hey!HAーCHI!」と
その時のテンションの高さが面白くて面白くて

ボールくわえてハイハイするギアを見て
犬を飼うことを決意する妻とか
変な読みを許す場面もいろいろで
楽しめる要素はたっぷりあります

なにしろ
ギアが倒れてからは眠くてかなわなかったです

たぶんそこからが感動部分なんでしょうが
うっすら知ってるハチ公のエピソードそのままだし
そもそも感動したいわけでもないので
それは方向性の違いということで一つ

もうお前の主人はいないけど
待ちたいんだろ?
だったら待ってろよ
ってのは泣ける場面なんですかね?

隣の席のお姉さんはハンカチ取り出してたから
ちゃんとした感性の人は感動できるかもしれません

個人的には物語としては
心底どうでもいい話でした
内容を知ってる人が観に行って
面白いかどうかは疑問です
ただ
感動したくて行く人は
感動できるんじゃないでしょうか

映画を観て泣いて気持ちよくなる
というタイプの鑑賞をしたことがないので
よくわかりません

HA!CHI!の言い方は
しばらく流行りそうです
ごく個人的に

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

☆

いちいちそうゆうの言わなくていいんじゃないのww
ハチ見たことないけどハチが大好きな人に対して失礼なこと言ってんの分かんないのかね?ww
バカなのこいつ?て思った
by (2015-12-19 21:50) 

いぬみち

ハチ見たことないけどw

久しぶりにきたらこんな面白いコメントありがとうございます

ハチが大好きな人に対して失礼なことを言ってることを
教えてくれてありがとございます

バカだと思ったとかさすがですね

あなたはとても賢いと思います
ほんとに
いやマジでマジで

by いぬみち (2016-02-10 20:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。